ひと 百話

「孫の手」づくり15年以上 水野俊美さん  5000本余を病院や福祉施設へ贈る  2017.06.02

ひと・まごの手・水野さん.jpg 豊田市旭地区東萩平町の水野俊美さん(86)が、下半身が不自由にもかかわらず、15年以上にわたり自宅裏山の竹を使って孫の手と耳かきを作り続けている。出来上がったものは足助病院や地元の老人福祉施設などに寄贈しているそうだ。

 水野さんは若い頃、竹や材木を扱う自営の運送業を営んでいた。竹は当時、傘の骨組みや提灯の材料などに使われ需要が多かったそうだ。物干し竿としても重宝がられ、トラックで各地の得意先を回っていたという。 下半身に異常を感じたのは運送業などを辞めてからの56歳のとき。剪定作業をしていて木から落ちたことが原因ではないかという。いつものように畑仕事を終え、翌朝目覚めたら両足に力が入らず立てなかったそうだ。隣りまちの足助病院でギラン・バレー症候群ではないかと診断された。筋肉を動かす運動神経が傷つき、両手や両足に力が入らなくなる病気だ。1年半以上、足助病院や市外の病院で入院していたが畑仕事ができるまでに回復した。

 孫の手を作り始めたのは60歳代半ばのとき。通院していた足助病院の職員や患者さんに使ってもらおうと持参した。この時喜ばれたので、その後も病院へ持って行ったり、地元の民生委員や地域巡回で来た足助警察署員らにも渡したりし、地域の人や警察署内で配ってもらった。 80歳代になったとき、足助警察署からもっと読む.pdf

みずの・としみ 1930(昭和5)年12月生まれ。妻・息子・嫁と豊田市東萩平町に住み、日々畑仕事に勤しむ。孫の手をきっかけに県内の女子アイドルグループからサイン色紙をもらい大切に保管している。

ページトップへ

脚本・演出家 石黒秀和さん  演劇がおもしろい。人がおもしろい。
2017.04.07

ひと・石黒さん.jpg 豊田市豊栄町出身の脚本・演出家の石黒秀和さん(47)が4月1日、「とよた演劇協会」を設立した。役者や劇作家、演出家などはもちろん、観る側も含め演劇に興味のある人ならだれでも入会OKだ。会費無料。

 石黒さんが脚本に興味を持ったのは高校時代。倉本聰脚本のTVドラマ『北の国から』を見て感動し、〝人を感動させる仕事に就きたい〟と思ったそうだ。倉本氏が主宰するシナリオライターと俳優の養成機関「富良野塾」を目指し受験した。1度目は失敗したものの、2度目で合格。入塾定員15人のなか、当時600〜800人が受験したという。

 同塾では共同生活をしながら主に農作業に従事。夜に講義を受け、雪に閉ざされる11月〜3月に芝居をつくった。2年間学び卒業後はカナダで1年間過ごした。脚本家として社会に出る自信がなく、社会勉強を積みたいと思ったからだ。

 帰国後、豊田市民創作劇場の脚本と演出を担当した。作品は挫折しかけた人がもう一度生きていこうとする短編10本からなるオムニバス「ファイト」。公演で高い評価を受けたことにより、10年間市民創作劇場に関わった。
 2003年と2006年には「市民野外劇」の脚本と演出も手がけた。役者とスタッフで約3000人という豊田市で最大級の文化イベントだ。これを機に文化事業に関して主体的に動ける人材育成の必要を感じもっと読む.pdf



いしぐろ・ひでかず 1969(昭和44)年12月生まれ、豊田市豊栄町出身。愛知県立豊田南高校卒。「富良野塾」6期生。日本劇作家協会員。公益財団法人あすて職員。妻、子ども2人と岡崎市桑原町に住む。

ページトップへ

文化講座「映画塾」講師 都築義高さん  映画を観てともに笑おう、ともに感動しよう
2017.03.03

ひと・都築さん.jpg 豊田市視聴覚ライブラリーで毎月第2・4水曜の午後に、市民文化講座「映画塾」を開いている都築義高さん(78・宮口町)。会員88人に様々な映画を楽しんでもらっている。

 これは老若男女が楽しめる文化を広めようと、市と共働で平成21年度から始めたもの。一緒に映画を観ながらハラハラドキドキしたり、泣いたり笑ったりすることで、参加者同士の交流に繋げてもらおうという狙いもある。当初は市民文化会館の会議室で開いていたが、24年度からは会員数を増やして今の施設で開催。すでに120回を超えている。

 映画塾は3ヶ月・全6回が一講座。参加者は広報とよたで募り、キャンセル待ちがでるほどの人気だ。

 講座で上映する映画は、すべて都築さんが自身のコレクションから選択。自宅には西部劇からファンタジー、ラブロマンス等々、数え切れないほどのビデオやDVDがある。著作権の関係で新作は扱えないが、さまざまなジャンルを上映している。講座最終回の6回目には明るく希望を持てる内容の作品をもっと読む.pdf

つづき・よしたか 1938(昭和13)年3月生まれ、名古屋市出身。豊田市宮口町在住。自宅には映画に関する資料や雑誌も多くある。栄中日文化センター・オペラ講座講師。男性合唱団「東海メールクワィアー」会長。妻は豊田市民合唱団相談役の都築和子さん。

ページトップへ

ブルーベリーのこみち 伊藤匡哉さん  豊田市稲武の農園に常滑からIターン就職
2017.02.03

 豊田市稲武地区の農園「ブルーベリーのこみち」で昨年4月から新卒社員として働いている男性がいる。常滑市出身ひと・伊藤さん.jpgで農業の専門学校を卒業した伊藤匡哉さん(21)だ。
 幼少時代の遊び場が畑だったという伊藤さん。「祖母が畑仕事に励んでいる姿や、タヌキに野菜を食べられてしまって悔しがっている顔が浮かびますね。いまでも畑仕事をしてますが、腰や足が痛いと言っているので心配です」と家族を気遣う。

 伊藤さんは専門学校で10種類以上のナシの栽培について学んできた。職場体験で「ブルーベリーのこみち」に来たときに、ブルーベリーの栽培に興味を持ち、新しい果樹へもチャレンジしたいと思ったそうだ。稲武町にある県農業総合試験場に勤めていた経験のある教員から、稲武の自然環境などについて教えてもらったことで、さらに興味がわいた。

 「ブルーベリーのこみち」では38箇所の畑に50品種・約4000本のブルーベリーを育てており、耕作放棄地の解消に大きく貢献している。春は苗木の世話、6月下旬頃からは実の熟し加減を見て周り、8月は収穫作業に追われて大忙しだ。入社当初には農園代表の杉田雅子さんから栽培に関する本を手渡された。先輩社員からは木の剪定方法や実の摘み取り方などを教わっている。約1年間作業をしてきたことで、いまでは木を見て品種がわかるようになったもっと読む.pdf



いとう・まさや 1995(平成7)年10月生まれ、常滑市出身。豊田市稲武地区野入町在住。岡崎市の愛知県立農業大学校農学科(果樹専攻)卒。4人姉弟の末子。趣味は海釣り。

ページトップへ

㈱eight代表取締役 鬼木利恵さん    ママの立場から女性の働き方を考える
2017.01.06

ひと・鬼木さん.jpg 〝ママの働く場をつくる〟をコンセプトに、子育てママがつくった会社「㈱eight」が豊田市竹生町にある。そこで代表を務めるのがキャリアコンサルタント(個人の能力や特性を踏まえて職業選択の相談・アドバイスをする専門職)有資格者で子育て中の鬼木利恵さん(39)だ。社名には女性の活躍が無限(∞)に広がっていくようにとの願いが込められている。

 鬼木さんは大学院修了後、東京の㈱リクルートに就職し営業部門を担当。企業側が求めている人材と新卒の学生をつなぐ仕事を主に行ってきた。ご主人の転勤で三重県へ引っ越したが名古屋市で同社の仕事を継続。産休育休を経て職場復帰も果たした。「もっと仕事に打ち込みたい。期待に応えたい」とがんばったものの、幼子を抱える身では、自分の努力や熱意だけではどうにもならないことがあると痛感した。仕事と育児の両立について相談できる相手もいなかったという。

 子育てしながらの仕事や引っ越しを経験し、どこへ行ってもやれる仕事、通用する資格が必要と思い、キャリアコンサルタントの資格を取得もっと読む.pdf

おにき・りえ 1977(昭和52)年12月生まれ、茨城県出身。筑波大学大学院環境科学研究科修了。国家資格キャリアコンサルタント有資格者。夫、小学4・1年生・0歳の3女児の母親。豊田市金谷町在住。

ページトップへ

豊田市旭支所職員  弘中陽介さん  わな狩猟免許有資格のIターン
2016.12.02

ひと・弘中さん.jpg 「自然の中の生きものが好きなんです」と話す豊田市旭支所職員の弘中陽介さん(38)。新潟県からのIターンで、市が新設した「中山間地域在住職員」に採用され、今年4月から市の職員になった1人だ。

 弘中さんが自然界の動物に強く興味を持ち始めたのは、高校時代。日光国立公園のシカの個体数調査に関わってからだという。大学でも学びたいと新潟大学農学部に進んだ。大学・大学院で学んだ後に就いた職業は建設コンサルタントの環境分野。建設事業を行う前に現地で野生動植物の生息調査をしたり、事業後は自然環境にどのような影響が出たかを調査・研究したりしてきた。信濃川のアユやイワナなど、川魚の生息や魚道に関する調査も行ってきたそうだ。

 野生動植物の生態などに深く関わってきたものの、仕事は報告書をまとめることに留まった。新潟県でもイノシシやシカが増え、地元住民が困っているのを知っていたが、仕事柄捕獲することができず、もどかしさを感じていたという。〝実際に地域に貢献したい〟との思いからわなの狩猟免許を取得した。

 このようなとき豊田市で、中山間地域での課題解決に関わることのできる採用試験があることを知り、これまでの経験や狩猟免許をいかすことができると考え試験を受けた。申込者数は130人あったもっと読む.pdf



ひろなか・ようすけ 1978(昭和53)年8月生まれ、愛知県半田市出身。妻と子ども2人、家族4人で豊田市旭地区笹戸町に住む。県立半田東高校・新潟大学農学部卒、新潟大学大学院自然科学研究科修了。

ページトップへ

ガールスカウトリーダー 守随純子さん 自ら考え行動できる女性を育てる
2016.10.07

 ひと・守随さん.jpg「自ら考え行動できる女性」を育てるガールスカウト運動。豊田市で43年間スカウトの現役リーダーを続けているのが明和町の守随純子さん(72)だ。

 豊田市にガールスカウトが発足したのは1971年。今年で45年目になる。現在、みよし市に1団、豊田市に6団あり、年長女児〜社会人の全150人ほどが活動している。

 守随さんは大分県佐伯市出身。高校時代にガールスカウトのリーダー養成講習会を受講した。そのとき講師を務めていた女性の素晴らしい言動や笑顔に心惹かれ、「私もあんな女性になりたい」との思いで佐伯市に団を発足し、6年間リーダーとして活動した。

 結婚を機に豊田市に移り住み、1973年に市内のガールスカウト団に入団。それ以降リーダーとして少女の育成に務めてきた。地域や子育てなど知らないことばかりだったが、ガールスカウトの中で教えてもらったという。

 守随さんは47歳のときガールスカウト日本連盟のトレイナーになり、指導者の養成・育成に20年間関わってきた。少女や若い女性にとって「あんな女性になりたい」と思ってもらえるよう、自己の言動に責任を持ち笑顔を絶やさずにきたともっと読む.pdf

しゅずい・じゅんこ 1944(昭和19)年8月生まれ、大分県佐伯市出身。公益社団法人ガールスカウト日本連盟教育活動委員、理事、副会長、一般社団法人ガールスカウト愛知県連盟前連盟長を歴任。

ページトップへ

みよし市新中央図書館長  深谷幸広さん  利用者が一日くつろげる図書館にしたいう
2016.09.02

ひと・みよし深谷館長.jpg みよし市営の図書館学習交流プラザ「サンライブ」が7月、市役所西側にオープンした。図書館、生涯学習、交流の機能を併せ持つ3階建ての複合施設だ。図書館の館長は旧館から引き続き、深谷幸広さん(59・明知町)が務めている。

 深谷さんは司書の有資格者。大学卒業後、昭和55年に旧西加茂郡三好町役場に入庁し、最初の配属先は旧図書館だった。長年勤務したのは市営の文化施設サンアートで、立ち上げ当初から13年間携わったそうだ。

 新図書館の書棚の配置は、利用者が使いやすく遊び心があるような空間にしようと考えたという。サンライブには1階と2階に図書館がある。1階図書館では子どもの目線を大事にし、児童カウンターや児童室、おはなしの部屋を設置。低い書棚に絵本を並べることで子どもが手に取りやすいようにした。おはなしの部屋では週に1度、ボランティアが絵本の読み聞かせをしており、母親たちの交流の場としても利用してもらっているそうだ。

 2階図書館には郷土資料や美術書、専門書を配置。旧図書館の閉架書庫に眠っていた書籍を並べることが可能になった。また市内の石川恒夫さんから寄贈された図書約5万冊(石川文庫)のうちから選定した雑誌や本も陳列することができた。

 新図書館が完成して力を入れているのが、子どもを対象に考案した「読書ノート」だ。窓口の担当者が本の借り主に返却日を書いたしおりを渡すのだが、それをシール状にすることでもっと読む.pdf



ふかや・ゆきひろ 1957(昭和32)年4月生まれ、みよし市明知町出身。愛知学院大学文学部歴史学科卒。司書有資格者。1980(昭和55)年入庁。趣味は家庭菜園と釣り。実母・妻・娘の4人暮らし。

ページトップへ

足助の元芸者 後藤久子さん 踊りや三味線の師匠として活躍
2016.08.05

3面・ひと・後藤久子さん.jpg かつて足助で芸者をつとめていた後藤久子さん(80・足助町)が、いま地元で日本舞踊を教える師匠として活躍している。足助の元芸者で健在なのは後藤さんだけなのだそうだ。

 後藤さんが芸者になったのは18歳のとき。当時は岡崎市に住んでおり、中学時代に趣味で始めた三味線がきっかけで、卒業後、半田の置屋(芸者が住む寮)で芸者になる修業をはじめたという。三味線の腕を磨くとともに、お茶・お花・踊りなど女のたしなみをすべて習った。麻雀や花札も覚えたそうだ。家に仕送りをしなくてはならないという事情と、一流の世界の男性たちに見くびられてはなるまいと、女の戦場で常に自分を磨き上げてきたという。

 半田の次は蒲郡の形原温泉でも芸者として働いた。お座敷にあげてもらうには、芸事に力を入れるだけでなく、料亭の女将さんや仲居さんとも仲良くしておかなければならなかった。

 ふるさと足助の置屋にきたのは20歳のときだ。芸名は「加奈子」。それまでの修業のかいあって売れっ子の芸者となり、政治家や県知事のお座敷にあがることもしばしばあったという。当時足助には大小20カ所ほどの料亭があり、芸者は30人ほどいたそうだ。

 後藤さんは28歳の時に独立し、置屋「加奈川寮」を創業。経営者として置屋を切り盛りしつつ、自身も芸者としてもっと読む.pdf

ごとう・ひさこ 1935(昭和10)年11月生まれ、豊田市足助町出身。日本舞踊「千嘉会」の代表。老人ホーム慰問などの活動が認められ厚生労働大臣から表彰された。「香嵐渓音頭保存会」設立メンバー。

ページトップへ

えきまえ活性化プロジェクト代表  芹川友紀さん  カリヨンハウス一帯の使い方かんがえよう
2016.07.01

ひと・芹川さん.jpg 三好ヶ丘駅前のカリヨンハウス一帯をうまく利活用し、楽しい場所にしようと、えきまえ活性化プロジェクト「ekinoko(エキノコ)」が6月に立ち上がった。

 これは市内でまちの活性化に取り組んでいる各種団体を結びつけ、それぞれをPRしていこうというもの。特色の違う団体を1つのイベントに参加させることによって、さらに賑わいを創出していこうという狙いだ。

 その代表を務めるのが、芹川友紀さん(45・三好丘)だ。小物作りが得意な芹川さんは、カリヨンハウスがリニューアルした後の平成26年から、建物前のイベント広場で、手作り小物を販売する「ミニョンマルシェ」を不定期に開催。30組が登録している。このほか夏休みには、地元のあおばふれあいセンターで子どもを対象にしたものづくり講座を10年以上続けてきた。

 カリヨンハウス前でマルシェを開催しながら、この一帯がうまく活用されていないのではないかと感じてきた芹川さん。駐車場が少ないことや、建物に併設されているアンテナショップの運営方法なども賑わいの少なさに関係していると推測。そんな時、豊田市や瀬戸市のまちづくりに関わっているママ友に背中を押されもっと読む.pdf



せりかわ・ゆき 1970年10月生まれ、瀬戸市出身。みよし市三好丘あおば在住。4姉妹の母親。三好ヶ丘クリニックの看護師。編み物やアクセサリーづくりなどが得意。

ページトップへ

豊田市民合唱団相談役 都築和子さん 音楽は仲良く、元気に、向上心をもって
2016.06.03

ひと・都築さんJPG.jpg 豊田市民合唱団の3代目団長として25年間活躍してきた都築和子さん(77・宮口町)が昨年、「創立30周年の記念定期演奏会」終了を機に団長を引退した。いまは相談役として音楽活動を続けている。

 同合唱団は1985年、市内でベートーベンの「第九」を歌っていたメンバーで結成された。現在の団員数は男女60人。平均年令は50歳代半ばで、子育てが一段落した女性や、定年退職した男性などさまざま。オーディションはなく初心者でも大歓迎だという。

 都築さんは幼少の頃から、音楽好きの母親の影響を受け、ラジオから流れるクラシック音楽を聴いてきた。小学校高学年の頃、7歳年上の姉と一緒に名古屋へコンサートに出かけ、生の音楽に魅了された。高校時代には朝早く音楽室のピアノを弾くのが楽しみだったという。本格的に合唱を始めたのは大学時代だ。卒業と同時に友人と協力して「東海女声合唱団」を設立し、代表者になった。豊田市内でも豊田ひまわりコーラス(1963年設立)や、市少年少女合唱団(1977設立)の指導者として礎を築いてきた。

 都築さんが市民合唱の団長として長年心がけてきたことの1つは、週に1度の練習(場所は陣中町の旧図書館)にくる団員に楽しんでもらうもっと読む.pdf

つづき・かずこ 1939年3月、東京都生まれ。豊田市宮口町在住。豊田西高、愛知県立女子大(現県立大学)児童福祉学科卒業。ラジオラブィート「クラシックの森」パーソナリティも務め、今年で15年目。

ページトップへ

「○七商店」料理長 伊豫田修之祥さん  食材つくる人の思いを語れるシェフに
2016.05.13

ひと・伊豫田くん.jpg 松坂屋豊田店とT-FACEをつなぐペデストリアンデッキに4月末、新しい飲食店「○七商店」がオープンした。営業時間は11時〜23時。火曜休み。

 夜の部の料理長を務めるのが、イタリア・シチリア料理を得意とする伊豫田修之祥さん(27歳・前山町)。米国カリフォルニア州の日本食店や、豊田市高橋地区東山町のフレンチ店「レクラ・ド・リール」、東京のシチリア料理店、と国内外で料理を学んできた人だ。○七商店オープンの話は、イタリア滞在中の時、「レクラ・ド・リール」オーナーで大橋園芸(鴛鴨町)社長の大橋鋭誌さんから連絡を受けたという。

 伊豫田さんは大橋園芸で、野菜づくりや田植えも教わったそう。野菜の生育や生産者の思いなどを知り、料理を食べる人に伝えていかなくてはならないと思ったそうだ。

 東京のシチリア料理店で勤めていたときは、同店のシェフがシチリア島で3年間修業を積んできた体験話を聞いた。自らも本場で学びたいとシチリアへ渡り、家庭料理や屋台の料理なども含め、「料理はその国の文化だ」と痛感したという。

 ○七商店は地産地消をテーマに掲げ、豊田・みよし市の若手農家でつくる「夢農人とよた」の食材もっと読む.pdf



いよだ・しゅうのじょう 1988年8月生まれ、豊田市立豊南中学卒、名古屋国際高校普通科卒。米国カリフォルニア州の専門学校でコミュニケーション学科を専攻し卒業。英語圏のワインソムリエの有資格者。

ページトップへ

三州しし森社中 竹尾博史さん サラリーマンから足助の生業職人へ
2016.03.04

3面・ひと・竹尾さん.jpg 山からの授かりものを大切に使いたいと、豊田市足助地区北部の新盛町でシカやイノシシの角や皮を使ってアクセサリーなどをつくっている男性がいる。三州しし森社中の竹尾博史さん(57・平芝町)だ。

 竹尾さんはトヨタ生協に勤めていた元サラリーマン。定年後を考えたとき、「第2の人生では組織に所属するのでなく、自然のものを使って自分の思うことをしたい」「大量生産や効率第一みたいな資本主義的な考え方を持ち込みたくない」と思ったそうだ。

 準備するなら早い方がいいと、51歳のとき豊田市・トヨタ自動車・NPOでつくる「豊森なりわい塾」に1期生として入塾した。農山村での実体験を通して、これからの生き方や働き方などを考える場だ。約2年間受講して腑に落ちたことは、田舎での生活を成り立たせるには、小さな稼ぎ方をいくつか持っていたらいいのではないかということ。また大きな刺激を受けたのが国の観光カリスマ小澤庄一さん(78・足助地区新盛町)との出会いだったという。小澤さんは旧足助町の助役として三州足助屋敷や福祉センター百年草などを立ち上げた人だ。今年1月足助にオープンした猪鹿工房㈱山恵の社長でもある。

 竹尾さんは同塾を卒業したあと、塾生有志と一緒に小澤さんの土地を借りもっと読む.pdf

たけお・ひろし 昭和33年5月生まれ。両親と妻、子ども3人の家族。イノシシの皮を使った太鼓づくりや、野生獣の骨を灰にして陶土と混ぜた食器づくりにも知人と挑戦中。木製のイスなどもつくっている。

ページトップへ

シンガーソングライター 今野邦彦さん 昼はサラリーマン夜ミュージシャン
2016.02.05

ひと・今野くん.jpg 豊田市陣中町に住み自動車製造の企業に勤めながら、名古屋市内のライブハウスを中心にシンガーソングライター&ハーモニカ奏者として活動している男性がいる。宮崎県出身の今野邦彦さん(33)だ。

 今野さんがギターをはじめたのは高校時代。ボランティアで知的障がい者施設を経営する男性のギター演奏を聴いたのがきっかけだ。それまでの大人に対するイメージが大きく変わり、初めて大人がかっこよく見えたという。それからは、食事を忘れるくらいギターの練習に没頭したそうだ。

 高校卒業後、豊田市内の企業に就職してからもギターを続け、19歳の時に豊田市駅構内で初めてストリート・ライブを行った。とても緊張したそうだが、足を止めてくれた人が思いのほか多かったのでうれしかったという。この初回ライブが縁で、あるカップルが使わなくなった電子レンジを今野さんの住んでいる寮まで持ってきてくれたこともいい思い出になっている。

 1年間ほど豊田市でストリート・ライブを続けたあと、活動場所を名古屋駅前へ移動。平日就業後に電車に飛び乗り、終電間近まで演奏するというハードスケジュールをもっと読む.pdf



こんの・くにひこ 1982年5月生まれ、宮崎県日向市出身。フルート奏者の妻と2人暮らし。足助のかじやさんでもライブ経験あり。ドイツ生まれアメリカ育ちの音楽家・ジャクソン・ブラウン氏を尊敬。

ページトップへ

山羊プロジェクト会長 鈴木光明さん ヤギで草刈り集落を美しく
2016.01.08

3面・ひと・鈴木さん.jpg 豊田市足助地区の北部で昨年、耕作放棄地の草をヤギに食べさせて山里を美しくしようという「山羊プロジェクト」が立ち上がった。自慢できる風景や集落の活性化につなげようという取り組みだ。

 同プロジェクトの会長を務めるのは新盛自治会長の鈴木光明さん(63)だ。きっかけは地元の女性から「自分たちの手で新盛を盛り上げたい」と相談を受けたことや、知り合いから「長野県の売木村では耕作放棄地の草刈りにヤギを使っているぞ」と聞いたことだ。

 売木村へ視察に行き、実際にヤギを使って美しい風景が保たれているのを目の当たりにした。清水秀樹村長にも話を聞き、斬新なアイデアや商品開発、発信方法などに心を揺さぶられたそうだ。自分たちも本気で集落を守っていく気にさせられたという。

 山羊プロジェクトでは、ヤギの飼育場所も地元住民の協力を得て決まり、柵や飼育小屋づくりが始まりつつある。雌の子ヤギを2〜3頭飼おうという考えだ。美しくしたあとの土地の活用法も考えている。果樹を植えて新盛ならではの特産物をつくったり、果樹園にして木のオーナー制度を取り入れたりしたらもっと読む.pdf

すずき・みつあき 昭和27年12月生まれ、新盛町須ノ夫在住。足助町立北部中学卒。職業大工。新盛自治会長。新盛地域づくりグループ扶桑の郷活性化委員会代表。しんもり里山フェスタ「山野草展」主宰。

ページトップへ

古橋財団3代目理事長・古橋家9代目当主古橋源六郎さん
祝・中馬街道人馬パレード 伊勢神宮遥拝所で記念講話  2015.12.04

3人古橋源六郎さん.jpg ご紹介いただきました一般財団法人古橋会(古橋財団)の3代目理事長、古橋家9代目当主の古橋源六郎です。足助・稲武2ルートの人馬パレードがここ伊勢神宮遥拝所(伊勢神峠)で合流し、記念行事が開催されますこと、おめでとうございます。

 さて昨年9月29日、安倍総理の通常国会所信表明演説で、古橋家6代目当主、私の曽祖父の古橋源六郎暉皃が地方創生の先覚者として紹介された。今から137年前の明治11年(1878)にここ伊勢神峠で、平野も沿海部もない稲武地域は森林活用で〝地方創生〟をするしかないと悟ったという。それを紹介した総理演説で、伊勢神峠は全国から注目された。その伊勢神峠で中馬街道人馬パレードが盛大に行われ誠に感慨深い。

中馬街道の「中馬」とは、馬の背で荷物を運んだ信州の馬稼ぎの同業組合のこと。賃馬や中継馬が語源という。信州の河川は急流であり水運にむかない。馬で山超えをしたのである。

 稲武の古橋懐古館(博物館)の西海賢二館長(歴史・民俗学博士)によれば、中馬街道はお伊勢参りの伊勢街道でもあった。稲武でも江戸中期以降、伊勢信仰が盛んになった。古橋懐古館所の「伊勢参宮日記」でも明らかになっている。

 当地方の伊勢信仰の高まりは、古橋家6代目当主の古橋源六郎暉皃が150年前の慶応3年(1867)に、ここ伊勢神峠に「伊勢神宮遥拝所」を造営したことでもわかる。遠路の伊勢に行かなくても伊勢神宮を遥拝できるようになったのある。この伊勢神宮遥拝所は地域の方々の尽力で現在も、立派に保存・管理されている。

 西海館長の本『山村の生活と民具』によれば、稲武から伊勢神宮へ出かけた人々を伊勢神峠で迎える行事として「坂迎え」(酒迎え)があったという。『伊勢神峠遥拝坂迎覚帳』の記録がある。

 稲武地域は生糸(マユのカイコから生産した絹糸)を毎年伊勢神宮に奉納する伝統行事が、明治15年から134年間も続いている。今年も11月6日、稲武地域13自治区代表や、市民団体「まゆっこクラブ」の人たちが奉納してきた。地方文化の継承の観点からも、稲武が注目される。

 この中馬街道人馬パレードは同街道の要地だった足助・稲武で、その歴史遺産を再現・伝承しようとしたものだ。足助・稲武の両地域でつくるパレード実行委員会が、地元観光協会・商工会、豊田法人会、豊田加茂ライオンズクラブ、古橋財団の後援を得た。本年は市町村合併10周年の節目の年で、時宜を得た計画だった。

 足助・稲武地域からの人馬パレード隊が伊勢神宮遥拝所前で無事合流できた。その記念事業(鎌田流棒の手演技奉納、記念講話、会食会)も進んでいる。

 中馬街道人馬パレード及び記念事業が旧中馬街道沿いの山村地域の人々の一層の連携強化につながり、それがこの地域の「地方創生」への大きなインパクトになることを心から祈り、ご挨拶とします。 もっと読む.pdf



ふるはし・げんろくろう 932豊田市稲武生まれ 東京大学法学部卒業 大蔵省大臣官房調査係長 大蔵省主計局主計官
総務庁長官官房長 一般財団法人古橋会理事長 2002勲2等旭日重光章

ページトップへ

古橋懐古館学芸担当員 張艶さん 古橋源六郎暉皃の人物像や功績を紹介 2015.11.06

3面・ひと・艶さん.jpg 豊田市稲武町の古橋懐古館で17日から、古橋源六郎暉皃に関する特別展と、古橋家文書研究会の成果を発表する企画展が同時開催される=6面に関連記事=。この2つの展示を企画・運営するのが学芸担当員の中国人張艶さん(26・稲武町)だ。

 張さんは日本について興味を持ち、20歳のときに東京家政学院大学人文学部日本文化学科に編入。同大学の教授で現在は古橋懐古館の館長も務める西海賢二氏に師事してきた。

 在学中に夏休みを利用して古橋懐古館を3度訪れた。財団法人古橋会前理事長の故・古橋茂人さん(元稲武町長)と前館長の故・千嘉子さん夫婦には、稲橋八幡社の神事や夏祭りに連れていってもらうなど、とてもお世話になったそうだ。二人共とても親しみやすい人柄だったと振り返る。古橋家文書研究会の故・芳賀登先生たちが真面目に研究に取り組む姿や、学問の知識の幅が広いことに感心・感動。日本人の勤勉さも目の当たりにしたという。

 古橋家文書を勉強するなかで張さんは、6代目当主古橋源六郎暉皃の存在を知った。幕末から明治期にかけ、林業・製茶・養蚕などの山村に適した産業振興に尽力し、植林については100年先の未来を見越した計画を立てるなどもっと読む.pdf

ちょう・えん 1989年11月1日生まれ。中国浙江省出身。中国内モンゴル出身の夫と稲武町に暮らす。張さんは一人娘。日本で夢に向かってがんばっている娘を中国の両親は応援してくれているという。

ページトップへ

小原和紙工芸作家 故・加納俊治さん  日本近代工芸先駆者の藤井達吉に師事を 2015.10.02

3面・ひと・加納俊治さん.jpg 豊田市小原地区下仁木町の和紙工芸作家で日展会員の加納俊治さんが9月19日早朝、人生の幕を閉じた。享年86歳。藤田保健衛生大学病院で放射線と抗がん剤の治療を受けていたが、その副作用の影響で誤嚥性肺炎のため帰らぬ人に。

 加納俊治さんは東京外国語大在学の頃、小原村に戦時疎開で来ていた日本近代工芸の大家藤井達吉氏に出会った。加納さんら小原の有志たちは藤井氏に師事し、書画や工芸を学んだ。小原伝統の手すき和紙が今日の「小原工芸和紙」へ進んでいく礎が、この時期に創られた。「豊田市和紙のふるさと」館が小原に出来たのも、この時期に源があった。

 加納家は妻の加納啓子さん(79)、娘の加納登茂美さん(56)、娘の夫の恒さん(63)のいずれも和紙工芸作家。俊治さんが藤井達吉氏に何を教わり、どのようにして作家の道を歩んで来たのかを聞いた。  
    ◇    ◇
 ──俊治さんはいつ藤井達吉氏と出会われ、工芸作家の道を歩まれたのですか。


啓子さん お父さん(俊治さん)は大学生時代、栄養失調になったみたいです。そのため実家に戻ってきました。その後、終戦を迎え、頭の中がぽかーんとして、自分はどうあるべきかと迷ったみたいです。キリスト教を勉強したこともありました。

 お父さんは人の噂で小原村の大野に偉い人(藤井達吉氏)が来たと聞きました。行った人は皆叱られて帰って来るというので、「ほいじゃ、ぼくが行って先生と対決してくる」と生意気に出かけて行ったそうです。

 お父さんは家にあがったとたん、先生に叱られちゃった。先生はお父さんの入室の際の動作を真似て、「キミは猿だ。うちを訪問する姿勢が全くなってない。帰りなさい」と言われたそう。お父さんのためにみんなが叱られて、大変だったと聞いています。

 お父さんが先生のところに行ったのは、父親の勧めがあったかもしれませんもっと読む.pdf



かのう・としはる 昭和4年3月20日生まれ。農家の5人兄妹弟の長男。1958年日展初入選。1990年日本工芸美術展「内閣総理大臣賞」を和紙工芸分野で初めて受賞。写真は工房客間で撮影されたものを借用。

ページトップへ

豊田市美術館新館長 村田眞宏さん 美術とともに自然豊かな庭園を楽しんで2015.09.04

3面・ひと豊田市美術館長.jpg 開館から20年が経ち、昨年9月から約1年間、バリアフリー化を含む改修工事のため休館していた豊田市美術館(小坂本町)が、10月10日にリニューアル・オープンする。

 館長を務めるのは、福島県立美術館学芸員や愛知県美術館館長などを歴任し、今年4月に新館長に就任した村田眞宏さん(61・知多市)だ。豊田市美術館は、現代芸術を中心に展示のクオリティが高く、良いコレクションが多数揃っている。全国的な評価が高く、村田さんも尊敬していたという。館長に就任してからは建物自体や、美しい庭園、茶室を含め、自然豊かで四季折々の景観が楽しめることにも気づき、同美術館をより好きになったそうだ。

 豊田市美術館は、かつて挙母城や小学校があった高台に建つ。村田館長は「美術館を訪れた人には、庭園を散策したり、お茶室で一服したりして、美術はもちろん歴史や自然を楽しみながら一日ゆっくりくつろいでほしい」と話す。「建物や庭園などの魅力に加え、来場者により親切で親しみやすい美術館を目指し、市内の観光スポットとして市民が誇りに思えるような施設にしていきたい」と意欲的だ。また、展示はそのときどきの時代状況を意識しもっと読む.pdf

むらた・まさひろ 三重県津市出身、昭和29年8月27日生まれ。静岡県立美術館第三者評価委員会委員長。知多市の自宅から豊田市美術館まで電車・徒歩で通勤。趣味はバードウォッチング。

ページトップへ

民芸の森倶楽部 森由紀夫さん  民芸の森に若者やデザイナーの感性を 2015.08.07

ひと・森さん.jpg 豊田市平戸橋町にある故・本多静雄氏(市名誉市民)の屋敷跡が来年春、「民芸の森」として一般公開される。民芸文化の普及や猿投古窯の研究などで地域に貢献してきた本多氏の偉業や、地域の歴史を後世に伝える施設だ。この敷地内にある森の環境保全や、豊田らしい民芸の育成に取り組もうと先月25日、市民有志でつくる「民芸の森倶楽部」が設立された。

 同倶楽部の会長に就任した森由紀夫さん(60・越戸町)は、名古屋市で30年以上、建築・造園・木工の仕事に従事してきた人。公益財団法人名古屋市みどりの協会「雑木林研究会」に所属し、雑木林の保全・利活用への関心を高める活動も行ってきた。豊田市民芸館が平成25年から主催してきた「民芸の森」利活用ワークショップでは、森の再生プロジェクトに参加。枯木全てを撤去する話もあったそうだが、本多氏が「観桜会」を催していたこともあり、桜の枯木を数本残すことにしたそうだ

 今年5月末に開催された「民芸の森」プレイベントで、森さんは実行委員長を務めた。本多氏の陶器類などのコレクションを展示したり、茶会を開いたりしたほか、狂言舞台を使った和太鼓演奏や、地元陶芸作家らの作品展示即売なども行い、1000人以上の来場者があった。このプレイベントを通して森さんは、多くの人が「民芸の森」に関心を寄せていること、期待が大きいことを実感したという。


 森さんは「平戸橋にはまだまだ発展性があるもっと読む.pdf



もり・ゆきお 昭和29年12月生まれ。豊田高専建築学科で学んだ後、大阪芸術大学環境計画学科に進む。豊田市元城町「木文化研究所」主宰。愛知万博「矢作川水源の森間伐材利用プロジェクト」担当者。

ページトップへ

㈲ケンズ社長 久米田研志郎さん 鈴鹿8耐ロードレース3度目挑戦2015.07.03

5面・ひと・久米田さん.jpg 豊田市神田町の久米田研志郎さん(53)=写真中央=が、今月23日から始まる「鈴鹿8時間耐久ロードレース」に出場する。今回で3度目の挑戦だ。

 鈴鹿8耐は毎年夏に鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレース。1台のマシン(1000㏄以下)を2〜3人のライダーが交代で乗り、8時間内により多く周回したチームが優勝となる。

 久米田さんは幼い頃からエンジンで動くものに興味があったそう。母親の乗る50㏄のバイクにもとても関心があったという。

 初めて鈴鹿8耐レースを観たのは25歳のとき。「これは観るもんじゃない。やるもんだ!この舞台で走りたい」と強い衝撃を受けたという。すぐにバイクを買い、出場資格の国際ライセンス取得を目指した。

 バイクの運転技術は我流だ。サラリーマンとして働きながらバイクのメンテナンスも自分自身でやってきた。1998年に自動車・バイクの販売・修理会社「ガレージケンズ」を立ち上げたのもバイクに乗りたいがため。同年に「ケンズ・レーシングチーム」も設立した。しかし地方の4時間耐久レースや各大会に20年以上出場し続けても、ライセンス取得に手が届かず、「自分には無理だ」と諦めかけたこともあったという。

 転機は50歳のとき。神戸市の仲間に頼まれて出場した4時間耐久レースで3位に入賞し、表彰台に上がったもっと読む.pdf

くめだ・けんしろう 昭和37年3月生まれ、熊本県出身。鈴鹿8耐で使うバイクはスズキ「GSX-R1000」。日々の筋トレは欠かさない。最近は下半身強化のため、古典フラダンスを習い始めた。

ページトップへ

洞牧寺住職 根本国弘さん  自然を活かして楽しく遊べるお寺に 2015.06.05

ひと・根本さん.jpg 夕日が沈むなかで座禅を組む「参禅会」を開くなど、豊田市小原地区上仁木町にある順和山「洞牧寺」が楽しそうだ。

 住職を務めるのは旧渥美郡出身の根本国弘さん(68)。2年ほど前まで兵庫県丹波市の寺で住職を務めていた人だ。8月には年に一度の大感謝祭も開き、地元の人たちが音楽や踊りを披露したり、僧侶による落語を行ったりするという。

 根本さんは父親が住職であったことから、中学・高校時代の6年間、生まれ育った渥美半島で僧侶の修行を積んだ。しかし「坊主はいやだ」と思い、一般企業に就職。バブル景気のさなかだった29歳の時、豊田市高岡地区で自動車部品関連の会社を立ち上げ、約23年間経営者として働いてきた。

 僧侶に転身したのは51歳の時だ。母親が亡くなったのをきっかけに、名古屋市で修行し直し、父親が住職を務めていた丹波市の寺へ入った。その父親も1年後に亡くなったそうだ。

 丹波市での住職時代には、ニュースで山梨県の乗馬公園の馬が処分されることを聞きもっと読む.pdf



もと・くにひろ 昭和22年2月生まれ。寺には丹波市の寺の桜木を使った大きな祈願念珠がある。数珠にはそれぞれ健康・商売繁盛などの言葉が書かれており、毎朝、根本さんが祈祷する。

ページトップへ

スポーツ推協会長 加藤恵美子さん 外に出て体を動かし楽しもう! 2015.05.01

3面・ひと・加藤さん.jpg 豊田市スポーツ推進委員協議会が昨年、50周年を迎えた。

 同団体は昭和36年、体育指導委員協議会として10人でスタート。平成23年に体育指導委員からスポーツ推進委員へと名称が変更された。スポーツ推進委員は教育委員会が委嘱する非常勤特別職。地域のニーズに合ったスポーツの振興に努め、新しいスポーツの紹介や、スポーツ行事の企画・運営、各種スポーツのルール説明・実技指導を行っている。平成26年度の会員数は男性123人、女性33人、計156人だ。

 同団体の会長を務める加藤恵美子さん(66・志賀町)は、スポーツ推進委員32年目のベテラン。地元のバレーボール愛好会に所属していたのが縁で、地域からの推薦を受けスポーツ推進委員となった。会長職は今年で5年目になる。

 長年活動を続けるなかで、最近気がかりなのは子どもたちの体力の低下。さまざまな環境の変化でスポーツ嫌いの子どもが増えていることも見逃せないという。

 幼児期の子どもや親を対象に体を動かすことの楽しさを知ってもらおうと、平成24年度からコーディネーショントレーニング(COT)教室を開催。運動や身近な遊びを行いながらバランス感覚やリズム感覚、反射神経、状況判断などの運動神経能力を養うのが目的だ。日頃見られない活発な一面を見せてくれる子どももいるそうだ。親たちが地域の子どもたちのそれぞれの個性や魅力を知るきっかけにももっと読む.pdf

かとう・えみこ 福岡県出身。昭和50年から豊田市在住。中・高校時代はソフトボール部に所属。西三河地区スポーツ推進連絡協議会会長・愛知県スポーツ推進連絡協議会副会長。

ページトップへ

「anam」オーナー 稲熊なつみさん  途上国の生活考えた公平貿易を 2015.04.03

3面・ひと・稲熊さん.jpg豊田市桜町出身の稲熊なつみさん(36)が、元城町2丁目2の2でフェアトレード(公平貿易)専門店「anam」を営んでいる。店にはバッグや雑貨、コーヒー、チョコレートなどさまざまな外国製品が並ぶ。

 フェアトレードとは、途上国でつくられたものを生産者から直接適正な価格で購入し、先進国市場で販売する仕組みのこと。途上国の貧困問題の裏側にある搾取や、劣悪な労働環境、児童労働などを排し、生産者の自立や生活改善の支援につなげるのが大きな目的だ。

 稲熊さんがフェアトレードに関心を持ったのは豊田市内の洋服店で勤めていた20歳代の頃。洋服はシーズンを過ぎると値段を下げて販売される。その販売方法を見て、生産者の利益や流通の仕組みなどに疑問を抱いたという。

 32歳の時、タイの友人からフェアトレードによって地域経済が活性化した村があることを聞き、タイへ渡った。貧しい農村地域では女性たちが収入を得るために都市部へ出稼ぎに出ていたそうだ。そのような状況のなか、タイ政府は貧困層の収入源確保の政策として1村1品運動を推奨。もともと各農村にあった伝統工芸や技術、資源を活かしたものづくりだ。独創的なセンスのバッグや織物が公平貿易の対象になった村では、女性たちの出稼ぎがなくなりもっと読む.pdf



いなくま・なつみ 昭和53年8月生まれ。豊田市立崇化館中卒。岡崎市私立光ヶ丘女子高校国際コースに入学。1年後、オーストラリアの現地高校へ編入学し卒業。同志社女子大学短期大学部英米語学科卒。

ページトップへ

看護師 礒部陽子さん ミャンマーのエイズ孤児に教育を 2015.03.06

ひと・礒部さん.jpg 「ミャンマーのエイズ孤児に教育を届けたい」と、2013年、NGO団体「Child Needs Home(チャイルド・ニーズ・ホーム)」を立ち上げた女性がいる。豊田市小坂町の看護師・礒部陽子さん(33)だ。

 礒部さんは中学の頃から、発展途上国の都市で路上生活する子ども達(ストリートチルドレン)の社会問題に関心を持っていた。貧しく劣悪な環境のなかで生きている子ども達のために自分に出来ることは何かと考え看護師の道を選んだそうだ。 

 2009年〜2011年、礒部さん自身の意志で医療ボランティアとしてミャンマーを訪問。子ども達の置かれている家庭環境や、HIV感染者の増加など様々な問題や課題に直面した。貧しいがため十分な治療や医療が受けられない子ども達もたくさん目にしてきた。「産まれてきた子どもたちに安全・安心で幸せだと思える人生を送ってもらいたい」と強く感じたそうだ。

 「Child Needs Home」の会員は国内で23人。愛知県のほか、東京都、兵庫県、和歌山県などにもいる。ミャンマーの現地スタッフは5人。日本語通訳者や牧師、支援を受けている男女だ。

 現在支援している子どもは5〜14歳の12人。エイズで親を亡くした孤児や、祖父母と暮らすものの生活に困窮している子ども達もっと読む.pdf

いそべ・ようこ 1981年5月生まれ、神戸市出身。豊田市小坂町で夫と1歳の息子の3人家族。支援先の人たちとさらにコミュニケーションを深めようと、月2回ミャンマー語を習っている。

ページトップへ

藤岡緑ヶ丘区長 小田朋江さん  自治区役員決めは子育て世代に配慮を 2015.02.06

ひと・小田朋江さん.jpg 豊田市内302自治区のなかで紅一点の女性区長がいる。藤岡南地区・藤岡緑ヶ丘自治区の小田朋江さん(40・西中山町)だ。

 小田さんが区長を務めることになったのは、自治区で行われたくじ引きの結果によるもの。小田さん一家は平成23年に藤岡地区北部の北曽木町から南部の西中山町に転入。翌24年度に役員未経験者30人ほどが集まり、くじを引いた結果、25年度に副区長、26年度に区長を務めることになった。中日新聞の専売店を経営する夫では仕事柄無理があると考え、朋江さんが引き受けることに。同自治区では数年前にも女性が区長を務めていたことがあるという。

 藤岡緑ヶ丘自治区は全155世帯。平均年齢は50歳ほどで現役世代が多い地域だ。働きながらでも区長職がこなせるよう負担が少なくなっているそうだ。自治区主催の祭りや行事、夜間の防犯パトロールはない。ゴミ出しのルールも守られており、住民から市へ対しての要望が区長にあがってくることはほとんどないという。

 年2回行う環境美化活動は区長が住民を集め指示することはなく、決められた時間に各自が持ち場に出向き、終わったら解散となる。子ども会と自治区との連携はない。小田さんはこうした住民同士の希薄な関係はもっと読む.pdf



おだ・ともえ 昭和49年3月生まれ。中学3年、中学2年、小学6年の母親。藤岡南地区は6自治区からなり、平成26年度同地区区長会の監事、同地区コミュニティ会議の書記を務めている。

ページトップへ

猟師めざす高校生 原田誉也さん 登校前に罠を見回るのが日課 2014.12.05

ひと・原田さん.jpg 豊田市足助地区綾渡町の高校生・原田誉也さん(足助高2年)が地元の名人猟師に弟子入りし、本格的にイノシシの捕獲や解体の技術を学んでいる。狩猟免許の受験資格は20歳以上。それまでに技術と知識を習得する考えだ。

 原田さん宅の田畑もイノシシの被害にあっている。祖父母らは腹を立てながらも「しょうがない…」と諦めているという。原田さんは「猟師が増えないことには被害は減らん。誰かがやらんといかんことだ」という一心で、高校1年の冬、足助地区の追分小学校区に住む80歳代の猟師に弟子入りした。

 師匠は「足くくり罠」を自作し、捕獲したイノシシの解体から販売まで自ら行っている人。地元猟師の間で名人と言われている。

 昨シーズンは約20日間、山の猟場で実習を受けた。罠に人間の臭いがつかないよう手を砂まみれにして仕掛けることや、イノシシの習性を利用した仕掛け方などを学んだ。また掛かったイノシシが暴れ回らないよう固定する方法や、良い肉質を保つための上手な絞め方も教わったという。

 くくり罠に掛かったイノシシのなかには、足を引きちぎって逃げてしまうものも居る。箱罠(檻)の場合はもっと読む.pdf

はらだ・たかや 平成9年9月生まれ。趣味は魚釣り、ヘボ(クロスズメバチ)の飼育、オオスズメバチの捕獲。足助地区で毎年開催されるヘボコンテストでは巣箱から巣を取り出す作業で活躍している。

ページトップへ

マラソン大会出場30回 光岡保夫さん70  北海道サロマ湖100㎞マラソン完走い 2014.11.07

IMG_7370.JPG豊田市本地町(本地本郷)の光岡保夫さんは地元の県立豊田西高を卒業し、市役所に入った。農家青年の普通の進路だった。 そして7年前の2005(平成17)年3月、猿投コミュニティセンターの所長を最後に市役所を定年退職し、光岡さんの農業・ボランティア・マラソンの第2の人生がスタートした。
 ──農業と言っても、家族の趣味の農業ですね?
 光岡さん 少し違う。田畑が1町歩(1万㎡)あり、トラクター、コンバイン、田植え機なども一式もっている。その農業機械でぼくが田畑を耕作し、出荷もしている。大豆も3反作り、丸加醸造で味噌やタマリを作ってもらう。大豆の収量統計調査で農水大臣表彰をもらいましたよ。昔ならいっぱしの農家だが、今はもうからんなあ。
 ──ボランティア活動としては何を?
 光岡さん 法務大臣委嘱の保護司(対象は非行少年等)、更正保護法人大徳塾補導員(仮出所で身寄りのない人)、市長委嘱の地域会議委員(わくわく事業等審査)の3種類の仕事をいただいていますね。
 ──豊田マラソン出場は何回目ですか?
 光岡さん 市役所在職中の平成10年からだから、今年11月16日大会を含め連続16回目です。ほかの大会を合わせると、通算30回以上になるかな。
 ──光岡さんにとって、マラソンとは何ですか?
 光岡さん うーん、自分の人生記録への挑戦かな…。自分の健康のための、愛する家族のための挑戦かな…。中学校時代はサッカー少年、高校時代は家事手伝いの百姓青年、今はマラソン人生だが、この間、病気をしなかった。体重・体型も変わっていない。これを維持するための挑戦かな…。
 ──思い出の大会は?
 光岡さん 2006・6・25の北海道サロマ湖100㎞ウルトラマラソン完走! 
 ──人は100㎞も走れるものなのか?
 光岡さん 6月のオホーツクのコースは花々々、スタッフの声援の声々々。それで当時62歳のぼくが完走できたんですよ。
 ──誰が同行してくれた?
 光岡さん 遠征大会にはぼくより4歳若い家内が旅行を兼ね来てくれる。ぼくが家族を愛しているからね。もっと読む.pdf



みつおか・やすお。昭和19年5月24日生まれ。豊田市本地町1-29。愛知県立豊田西高卒、昭和38年4月豊田市職員、平成17年3月定年退職。現在、保護司、大徳塾補導員、豊田市逢妻地区地域会議委員。

ページトップへ

NPO豊田LFC理事長 橋本史朗さん 女子にサッカーの魅力や楽しさ伝えたい 2014.10.03

3面・ひと・橋本史朗さん.jpg 豊田市を拠点に活動し、中学生から社会人までの43人が所属している女子サッカーチーム「豊田レディースフットボールクラブ」。同チームを運営するのはNPO法人豊田LFCだ。同法人の理事長でチーム監督も務めているのが、みよし市三好丘の橋本史朗さん(35)だ。

 県内には女子サッカーチームが約30チームあるという。豊田レディースフットボールクラブは1987年に設立された30年近い歴史をもつチームで、日本サッカー協会に所属している。サッカーを通じて心身の健康の向上を図り、その魅力や楽しさを多くの人に紹介するのが目的だ。またチームワークや人々とのふれあいを大切にできる女性の育成も目指している。設立当初はなかなか人数が集まらなかったそうだが、日本代表チームの活躍もあって5年ほど前からは常に45人ほどを維持している。

 現在のメンバー43人のうち、30人は豊田・岡崎・幸田・刈谷市の女子中学生だ。豊田市内の高橋中学や崇化館中学、上郷地区のグランドなどで週4回の練習を行っている。ホームグランドが無く、また週末は市外へ試合に出向くことも多いので、保護者の送迎が欠かせないという。

 今夏は東海地区代表として、大阪府で開催された第19回全日本女子ユース(15歳以下)サッカー選手権大会に2度目の出場をもっと読む.pdf



はしもと・しろう 昭和54年3月30日生。石川県出身。中京大学健康教育学科卒。日本サッカー協会公認B級コーチ。大学生時代には豊田市役所のサッカー部に選手登録していた。

ページトップへ

保育士 伊藤里恵さん 専門知識をエジプトの保育園でいかす 2014.09.05

ひと・伊藤さん.jpg 豊田市立竹村こども園の保育士・伊藤里恵さん(28・長興寺)が、JICA(独立行政法人国際協力機構)の青年海外協力隊としてエジプトで2年間の活動を終え、6月に帰国した。市の休業制度を使い、エジプト政府とJICAとの間で締結された「遊びから学ぶ保育改善」プロジェクトに、幼児教育隊員として参加してきたそうだ。

 エジプトの民間団体が運営している保育園では専門的な知識を持たない人が保育にあたっている場合が多いという。現地では保育に関するルールや子どもの成長に適したプログラムづくりなど、保育技術の向上や保育環境の改善に取り組んできた。 伊藤さんは2年間ずっと同一の園で保育改善に努めてきた。2〜4歳児が約60人おり、園長1人、保育士3人、保育士補助員2人の園だ。1園だけで活動したのは行政とも連携してモデル園をつくるためだった。

 現地の保育園をみた伊藤さんは、保育のルールやスケジュールが無いことや、子どもが食事をしながら遊んでいても保育士はおしゃべりをするなどしてくつろいでいることに衝撃を受けたという。また、子どものトイレの付き添いや園内の掃除は保育士補助員の仕事とされておりもっと読む.pdf

いとう・りえ 昭和61年生まれ。豊田市立朝日丘中学校出身。岡崎女子短期大学幼児教育学科卒。活動内容の講演会を来年、豊田市国際交流協会で開催予定。県内の高校で学生を対象とした講演会も計画中。

ページトップへ

えんじょい♪代表  鳥居忠雄さん 楽しみながら認知症予防を 2014.8.01

ひと・鳥居忠雄さん.jpg 認知症予防支援グループ「えんじょい♪」は、豊田市社会福祉協議会の認知症予防の養成講座の修了生12人が中心となり、2006年に立ち上げたボランティアだ。代表の鳥居忠雄さん(73・小坂町)は認知症の奥さんの介護を5年間行ってきた人。自身の経験も活かそうと同グループを立ち上げた。

 コンセプトは「心もえんじょい、脳もえんじょい、みんなでやろまい脳力アップ!」。人のためでなく、自分のためという意識を持って、認知症についての正しい知識と予防法を楽しみながら広めようと活動を行っている。講話や脳活性化ゲーム、体操などの出前講座を、年間20回ほど、市内の交流館や老人福祉施設などで行っているそうだ。脳活性化ゲームは会員がつくったものが約60種類ある。完成や正解を求めるのでなく、記憶力や想像力を働かせ、考えるプロセスを重視しているものだ。紙コップを使ってタワーをつくるゲームは大ヒットだったもっと読む.pdf



とりい・ただお 静岡県浜松市出身。豊田市ボランティア連絡協議会や、市の「高齢者を考える会」にも所属。趣味は書道や篆刻、散歩。脳トレのためにしゃべりながら散歩することが良いと話す。

ページトップへ

豊田市矢作川研究所  山本敏哉さん 河川氾濫原の自然再生思想を学びたい 2014.07.04

3面・ひと写真.jpg 豊田市矢作川研究所の魚類担当の主任研究員・山本敏哉さん(43)が留学のため、6月末〜11月末の予定でオーストリアのウィーンへ旅立った。現地大学の陸水学研究所に客員研究員として籍を置き、ヨーロッパで進んでいる〝土木技術と生物学の融合〟の最新事例などを学んでくるそうだ。

 今回の留学は業務でなく、豊田市役所の「自己啓発休業」制度を使っての私費留学。矢作川研究所の実力アップに直結する勉強をしてくるのだが、この間、給料は完全にストップするそう。おかしな話だ。

 豊田市矢作川研究所が創設されたきっかけは、市が23年前にスイス・ドイツへ派遣した近自然工法視察団だった。山本さんが今回の留学を思い立ったのは「あの視察団派遣から20年以上経つので新しい事が起こっているはず。それを吸収してきたい」という思いからだ。また、「あの視察団は土木技術者中心だったので、生物研究者の視点でも学んできたい」という思いや、「同じ職場に15年も居ると考え方が固まってしまうので、違う場所に身を置いて新たな発想を持ちたい」というもっと読む.pdf

やまもと・としや 大阪府出身。京都大学農学部水産学科、同大学院卒業。現在は「アユの保全生態学的研究」や「生息環境の復元による稀少淡水魚類の再生」をテーマにしている。理学博士。

ページトップへ

矢作川研究所長  早川 匡さん 市民が相談に来てくれる研究所に 2014.6.06

4面・ひと・早川さん.jpg この4月に「豊田市矢作川研究所」の第6代所長に就任した早川匡さん(51)。市役所内では建設畑を渡り歩き、若いころには豊田都心の「児ノ口公園」を近自然化する大改修も担当した。高知の故・福留脩文氏が豊田市へ伝えた近自然工法の思想を受け継いでいる、数少ない現役職員の一人だ。

 これまでは、同じ建設部の中で少し離れた場所から矢作川研究所を見てきた早川さん。「研究者が集まっていて、行政から少し離れている組織かな」という印象を持っていたそうだ。

 所長に就任した今は、矢作川研究所の存在意義を揺るぎないものにするため、その専門性を市役所の施策に生かしたいと考えている。例えば、市が行う河川改修に研究所が関わることもできる。これからの河川改修は生態系に配慮した近自然河川工法(多自然川づくり)を基本としなければならないが、これは一般的な土木技術者には難しい技術。矢作川研究所がシンクタンク的に事業を提案し、工事の完了後、再び研究所が評価のための生物調査を行うのが理想だ。早川さんはそうした流れを市役所内につくっていきたいと言う。

 一般市民が気軽に訪れるような開かれた研究所にすることも、新所長として掲げたテーマの一つ。研究員たちが多忙なのは承知の上だが、「夏休み中の子どもたちが、生き物について聞きに来てくれるような研究所にしていきたい」そうだ。そうした雰囲気づくりのため…もっと読む.pdf

はやかわ・ただし 名古屋工業大学土木工学科卒業。豊田市の道路対策室→公園課→中央公園推進室→土木課→河川課→幹線道路推進課→河川課→矢作川研究所長。刈谷市出身、豊田市扶桑町在住。ページトップへ

㈱こいけやクリエイト  西村 新さん 読者の皆さんの人生を耕したい 2014.05.02

3面・ひと写真.jpg 地域に根ざし、地に足の着いた農や食、暮らしや環境をテーマにした珍しいフリーペーパー『耕ライフ』を季刊発行している西村新さん(37)。トレードマークの〝つなぎ〟の作業着には「人と人をつなぎたい」という思いを込めているそうだ。

 西村さんが経営する㈱こいけやクリエイトは、印刷物のデザインやホームページ制作などを行うデザイン事務所。そうした仕事を請け負う他に、自分から何か発信しようと始めたのが『耕ライフ』だ。読者の人生を耕したいという意味を込めて名付けた。創刊から2年。豊田市が進める「都市と農山村交流」の施策とも重なっており、時代が求めて生まれたフリーペーパーと言えるかも知れない。

 一般的なフリーペーパーは広告だらけになりがちだが、『耕ライフ』は広告が増えたら記事も増やしていく考え。広告を載せることが企業ブランドのイメージアップになるよう考えているそうだ。

 特徴はデザイン事務所らしい洗練された誌面と、優しく温もりのある写真や文だろう。記事の内容にもこだわり、読み物として楽しめるフリーペーパーを心掛けている。社員は西村さん夫妻を含めて4人。企画から取材、発行までを定期的にこなすことで、社員の実力アップにつながっているそうだ。また予想外の効果として、誌面のデザインが会社のPRとなって印刷物デザインの依頼も増えているという。価格勝負でなく、丁寧な仕事でお客さんの心をもっと読む.pdf

にしむら・しん 昭和51年生まれ。猿投台中学校出身。愛知県立芸術大学美術学部デザイン科卒。広告代理店に勤務後、平成23年に独立しデザイン事務所「㈱こいけやクリエイト」を設立。

ページトップへ

合同大学祭副委員長  中野 圭さん リニモ沿線地域の魅力を大学生PR 2014.3.07

ひと・中野圭さん.jpg 愛・地球博記念公園で2月16日に「リニモ沿線合同大学祭」が開かれた。このイベントは、東日本大震災の復興支援活動に参加した大学生が、人と人の繋がりの大切さを感じたことを契機に昨年から始めたもの。県の支援や地域の企業・病院・飲食店などの協賛を受けている。リニモ沿線地域の瀬戸・豊田・日進・長久手市を市内外へPRするとともに、地域のコミュニティづくりも目的に行ってきた。実行委員メンバーは愛知県立大学、愛知学院大学、椙山女学園大学など、沿線の13大学1専門学校に通う学生たち61人だ。

 そのなかで、副委員長を務めたのが豊田市高岡地区吉原町の中野圭さんだ。中野さんは愛知県立大学の4年生。大学の先輩らの影響を受け、長久手市の市民祭りや福祉祭りなどで地域の人たちと関わってきた人だ。

 今回の合同大学祭では開催に向け、企画から運営まで学生や団体、企業などとさまざまな意見を交わしてきた。ひとつのことを決めるにもいろいろな意見やアイデア、方法があることを知り、悩むことも多かったそうだ。また実行委員それぞれの仕事量を把握したり、モチベーションに気を配ったりすることも大切もっと読む.pdf

なかの・けい 愛知県立大学教育福祉学部教育発達学科4年。22歳。リニモ沿線合同大学祭の出展ブースの一つであったテディベアづくりにも挑戦。写真の腰辺りのぬいぐるみは軍手を利用したものだページトップへ

人材育成会社融和塾長  松井直人さん ひとり一人の良さ見つけて生かす 2014.02.07

3面・ひと・松井先生.jpg豊田市上郷地区の市立末野原中学校陸上競技部のOB・OGが、恩師であった松井直人さん(55・花園町)の「勇退を祝う会」を1日、丸山町のカバハウス内レストランで開いた。 

 これは、松井さんが昨年8月に市内小学校の教頭職を勇退し、人材育成会社「融和塾」=大林町=を設立したことを記念して行われたもの。会場にはOBやOGら約100人が集った。アテネと北京五輪の110mハードル競技に出場した内藤真人さん(33)もOBとして参加していた。

 松井さんは平成3年〜14年の間、末野原中学に教員として在籍。当時、荒れていた同中学で「見つける・育てる・生かす」「活気・熱気・元気」を信念に持ちながら、教員・陸上部顧問として生徒指導にあたってきた。陸上部の顧問になったときには「末野原中学から日本一を出す」と公言もっと読む.pdf

まつい・なおと 昭和33年7月生まれ。豊田市稲武地区武節町出身。日本体育大学体育学部卒。座右の銘は「人生全力疾走!」。知立市の教員時代の教え子にはバルセロナ五輪400mリレー出場の選手もいる

ページトップへ

豊田フィル管弦楽団長  谷上正明さん オーケストラを楽しむ裾野広げたい 2013.12.06

ひと・谷上さん.jpg 豊田市在住・在勤を中心につくる「豊田フィルハーモニー管弦楽団」。団長を15年以上に渡って務めているのは上郷地区鴛鴨町の谷上正明さん(48)だ。同楽団は、「豊田市にオーケストラをつくろう」と、1988年に豊田楽友協会設立とともにつくられたアマチュア演奏団体の一つ。谷上さんは協会設立当初からのメンバーで、当時、大学の吹奏楽部と市の吹奏楽団に所属し、トランペット奏者として活動していた。

 谷上さんがトランペットを始めたのは小学4年生。先生から「学校で鼓笛隊をつくるから一緒にどうだ」と声をかけられたのがきっかけだったという。学校では楽器の数が少なく、皆で交代に使っていたので、「自分のトランペットが欲しい」と親にねだって買ってもらった。その後、中学・高校・大学でも吹奏楽部に所属し、演奏を楽しんできた。

 楽団の設立当初の団員は40人ほど。10〜20歳代が多く活気があった。しかし練習に5人も集まらない寂しい時期もありもっと読む.pdf

たにかみ・まさあき 豊田楽友協会副会長。県立岡崎高校の数学科教員。妻・長女(大学生)・長男(高校生)ともに楽器奏者。妻は豊田フィル管弦楽団員で、長女は豊田市ジュニアオーケストラの元メンバー

ページトップへ

農業生産法人従業員  金川智子さん 旭で美味しいミネアサヒ米を作りたい 2013.11.01

ひと・金川さん.jpg 都市部から中山間地の豊田市旭地区に移住し、地元農業経営者のもと農作業に励んでいる女性がいる。同地区小渡町の金川智子さん(39)だ。

 金川さんが農業に興味を持ち始めたのは30代になってから。自動車関係の仕事を続けるなか、なんとなく農業をやってみたいと思っていたそうだ。そして昨年見つけたのが余平町の農業生産法人「559(有)」=大嶋茂希代表取締役=での短期アルバイト。農業経験はなかったものの、やってみたい思いと、タイミングは今しかないという直感から農業への第一歩を踏み出した。稲刈りなどを体験し、「田んぼで米を作るっていいな」と自然に思えたという。

 当時、住んでいたのは旭地区から車で1時間ほどの猿投地区だが、行き帰りに目にした山間地の風景にも心を奪われ、旭がすっかり好きになっていた。

 アルバイト期間の終了後も農業に携わりたいと考え、豊田市農ライフ創生センターが今年3月に開設した旭研修所の1期生となった。研修所で勉強するなか旭地区の催しで、アルバイトのときお世話になった大嶋茂希さんと再会。大嶋さんから従業員の募集話を聞きいてとびついた。

 農業を続けていく上で感じたのは体力が要ること。働き始めたころは苗箱や肥料を運ぶだけでも体に響いたそうだ。また、仕事はその時々や季節によって変わるため、今日覚えたことが来年にもっと読む.pdf

かながわ・ともこ 豊田市旭地区小渡町。地元のイベントクラブに所属。10月はサツマイモ、ショウガ、ジネンジョなどの収穫・出荷に追われながら「農業日誌」をつけている

ページトップへ

炭焼き職人  筒井敏夫さん 優れた技と知識で森の名手に選定 2013.10.04

5面・ひと・筒井さん.jpg  豊田市足助地区山谷町の炭焼き職人筒井敏夫さん(85)が「森の名手・名人」に選定された。

  森の名手・名人とは、森に関わる木こりや木地師、シイタケ生産などにおいて優れた技を持ち、他の模範となる達人が選ばれるもの。公益財団法人国土緑化推進機構が展開する「もりのくに・にっぽん運動」プロジェクトの一環だ。筒井さんは、自身がつくった炭焼き窯を持ち、良質の炭を量産できる。また、三州足助屋敷の炭焼きコーナーも担当し、炭焼き技術の伝承に貢献してきた人だ。

 筒井さんは炭焼き職人の祖父と父親を持つ家庭で育った。小学3〜4年の頃、遊びながらつくった窯で初めて炭を焼いたとき、「こりゃ、おもしろい」と思ったそうだ。

 当時、足助のまちは塩の道として栄え、炭問屋が5〜6軒あったという。学生の頃は家の手伝いで、15㎏ほどある炭を背負って片道1時間かけてまちの得意先に届けたり、個人宅へも売ったりしたそうだ。夜は父母が使うランプの灯りを頼りに自分の草履もつくった。

 昭和18年、筒井さんは猿投農学校(現猿投農林高校)を卒業。一時は林業に携わったものの、炭の景気が良かったこともあり、炭焼き職人となった。

 終戦後、父親が役場の要請で、炭や米などの配給を担当させられたのがきっかけとなり、自身も昭和24年から役場職員として、農業普及員を務めた。職員として働くなか、「生きもん(炭)相手の方がおれの性に合っている」と仕事を辞め、再び炭焼き職人へもっと読む.pdf

つつい・としお 豊田市足助地区山谷町本洞。昭和3年2月生まれ。炭焼き窯は自身がつくった土窯とコンクリート窯の2つを持つ。炭焼きにかかる材木の伐採から運搬などすべてを1人でこなす。

ページトップへ

お笑い劇団笑劇派  南平晃良さん 豊田市拠点に15年全国へ出張公演も 2013.09.06

4面ひと・南平さん写真.jpg 豊田市を拠点に全国各地への出張公演で活躍しているお笑い劇団「笑劇派」が、この9月で15周年をむかえる。来週末15日に豊田市民文化会館小ホールで行われる15周年記念特別公演はチケット完売の人気だ。

 座長の南平晃良さん(33)の口からは「地元のおかげ」「支えてくれた皆さんのおかげ」という言葉が絶えない。意外なことだが、市町村合併の後、旧町村地域の人たちからも多くの仕事をもらい支えられたという。それが転機にもなったそうだ。

 10年間続けた「なんぺい・さやか」の夫婦漫才コンビを解消し、離婚したのも大きな転機だった。落ち込むことも少なくなかったが、ここでも多くの人が支えてくれたそうだ。

 現在の劇団員は7人。年齢層が18歳〜48歳と幅広くなり、これまでと比べて演技にリアルさが出てきた。台本も書きやすいそうだ。団員たちの生活は、日中はほぼ毎日が稽古。仕事の片手間にやっている人はいない。アルバイトをするのも稽古の後だ。南平さんは「ようやく本物のプロの劇団になれた」ともっと読む.pdf

なんぺい・あきら 豊田市立青木小、猿投台中、県立猿投農林高校卒業。高校3年生の時に「笑劇派」を旗揚げ。座長として経営、台本、演出、出演とすべてこなす。今日9月6日が33歳の誕生日。

ページトップへ

松平地区営農協議会長  中根 大さん 「集落営農」が中山間地域を救う 2013.08.02

中根大.jpg 豊田市の工業出荷額は日本一だが、農業生産も捨てたものではない。稲、野菜の大産地で、特に果樹は県内で有数の生産地です。しかし、その陰りは幾年も前から始まり、平坦部といえども耕作放棄地がめだつ。

 全国の中山間地の農業は疲弊し、豊田市も耕作放棄地が増えている。その原因は、①住民の少子高齢化、②過疎化の進行、③鳥獣被害の増大などです。

 中山間地域の棚田は山と同じでダムの役目をするが、山は手入れがされず、田んぼも荒れ、その役目を果たしていない。山や田んぼに降った雨はそこに留まることなく、一気に小川から濁流となり大川に入り、都市災害をもたらす。河川や海の環境も破壊する。中山間地の農業が昔々から日本の国土と環境を保全してきたのです。

 そうした観点から政府は所得保障や中山間地直接払い制度などの農業施策を講じているが、これは高齢者には手続きが煩雑で抜本対策とは言い難い。

 私は唯一この状況から脱する方法を地域で提言し、その推進のお手伝いをしています。

 人が住むことが地域を守る大前提です。春には早苗が植えられ、秋には黄金の稲穂が垂れる。そうした状況にするには耕作放棄地を無くし、田畑を耕す事ですが、中山間地域の農業は経済としては成り立ちにくい。米価は30年前より低いのです。

 私が提言している中山間地の農業は「集落を一つの家」と考える。集落単位で共同営農組織を立ち上げ、未耕作者やその予備軍の人は田畑を預けていただき「集落営農」をするもっと読む.pdf

なかね・だい、豊田市坂上町日面63。1944(昭和19)年10月8日生まれ、愛知県立猿投農林高校農業科卒、愛知産業大学短期大学卒。豊田市議会議員4期、2008年議長。現在、神職、豊田土地改良区代表監事、豊田市松平地区営農協議会長。

ページトップへ

四郷警固祭り広報担当  野依真人さん この祭りを地域住民の誇りにしたい 2013.07.05

3面・ひと・野依さん.jpg〝棒の手祭り〟とも呼ばれる豊田市井郷地区の「四郷八柱神社警固祭り」=今年は10月12・13日=。人口増加の井郷地区にあり、3流派5地域の棒の手組織もしっかり残っているため、県内で最も棒の手が盛んだ。近年は30〜40代の熟練剣士たちが運営の中心となるよう組織改革するなど、進化もしている。

 また、棒の手以外の人が祭りに参加しやすいようにも改革を進めている。その象徴と言えるのが野依真人さん(39)だ。棒の手は一度も習ったことがないが、祭り組織の広報副委員長を務めている。

 野依さんは地元の四郷町天道の人。大学進学も就職も東京だったが、30歳のとき中途採用で豊田市役所の職員となって戻ってきた。地元消防団やPTAで様々な行事に参加しているうちに、地元での活動が面白くなってきたそうだ。

 祭りについては、同級生が棒の手をやっているので観に行っていたし、消防団で警備に携わってもいた。ただ、「棒の手の人たちがやっている祭り」という印象だけだったそうだ。

 祭り組織から誘われたのはそんな時。組織側としては新しい発想を求めたのだろう。
 棒の手をやれない自分が祭り組織に入ることには戸惑いもあったがもっと読む.pdf

のより・まさと 昭和49年3月生。大学進学で地元豊田を離れ、就職も東京の建設コンサル会社へ。30歳のとき中途採用で豊田市職員に。建設部幹線道路推進課の担当長。技術士(建設部門)。

ページトップへ

紙漆工芸作家  安藤和久さん 地元産の原料を工芸に活かしたい 2013.06.07

ひと・安藤和久さん.jpg 紙漆工芸作家として国内外で活躍する安藤和久さん(72)。平成21年には(社)日本漆工協会「漆の美展」で文部科学大臣賞を受賞し、今年の豊田市文化振興財団表彰では最も芸術的と賞賛される「芸術選奨」に選ばれた。

 安藤さんが工芸活動を始めたのは30代初めの頃。小原地区に住む両親と同居するため、名古屋市勤務の銀行員を辞めて工芸の道を歩み始めた。紙漉士だった父親の薦めで、瀬戸陶芸の重鎮であった故河本五郎氏より指導を受けた。工芸作家としての「ものの見方」「考え方」など多くを学んだそうだ。特に心に残っている言葉が「既成概念にとらわれるな」だ。また、人のマネをせず、下手でもいいから自分独自の物をつくりあげていくプロセスも学んだ。日々の努力を怠らず続けていくことの大切さも教えられたという。

 安藤さんは「人はいい人に出会っていい人になる」と話す。
工芸活動の業績が認められ、数々の受賞につながったのは、多くの人に作品を見てもらったり、助けてもらったりしたからだと振り返る。

 作品づくりは、紙漉きから成形、塗り、仕上げ、加飾まですべての工程を自身で行う。

 一つの器をつくるのに和紙を10枚ほど貼り合わせ、下塗り、中塗り、上塗りと漆を10回以上も塗る。細心の注意を払うのは漆のもっと読む.pdf

あんどう・かずひさ 豊田西高校から関西大学経済学部へ。卒業後、7年間銀行員として勤務。日本画家の故片岡球子さんの富士山を題材とした絵が好きだと話す。豊田市小原大倉町で妻と二人暮らし。

ページトップへ

松平郷の景観整備おいでん立ち上げ  鈴木辰吉さん 都市と農山村の交流組織づくりへ 2013.04.05

3面・ひと・鈴木辰吉.jpg豊田市の産業部長を2年、総合企画部長を1年務め、この3月末で定年退職した鈴木辰吉さん(60)。産業畑を31年間も歩んだ人だ。心に残る仕事は「おいでんまつり」の立ち上げと、「松平郷園地」の整備だそう。

 おいでんまつりの立ち上げに奔走したのは35歳のころ。「豊田市には全国各地の人が集まっているけれど、その子供たちにとっては豊田がふるさと。新たなふるさとのまつりを創ろう」という想いだった。あれから24年が経ち、今では「おいでん」という言葉は単なる方言でなく、市民権を得て豊田のいろいろな所で使われている。鈴木さんの密かな自慢だ。

 松平郷園地の整備を担当したのは38歳のころ。親氏公没後600年祭の全国松平サミット開催にむけ、景観整備、散策道整備などを行う大事業だった。鈴木さんは昼夜を問わず地元の声を聞いてまわり、時代考証もして事業を進めた。シンボルの室町塀の色をめぐって市長と意見が合わなかったこともあるが、考えを曲げなかった。

 後日、歴史作家の司馬遼太郎氏がこの室町塀をみて「映画のセットのようだ」と酷評する事件があった。200年後の人々に良い場所だと思われるように作った自信作だったが、鈴木さんは「もう少しやり方があったのかもしれない。時代考証だけでなく心に踏み込んで仕事をしよう」と考えるようになったそうだ。その一方で、地元の人たちが司馬氏の批判に猛抗議してくれたと聞きもっと読む.pdf

すずき・たつよし 豊田市役所で都市計画の仕事を10年、農政や観光などの産業部の仕事を31年(産業部長2年)務め、最後の1年は総合企画部長を務めた。旭地区押井町の自宅から通い続けた

ページトップへ

ひと・写真.jpgひと・大写真.jpg5-HITO.jpg5ひと.jpg

HOMEへ

あ行
えきまえ活性化プロジェクト代表
芹川友紀さん
紙漆工芸作家
安藤和久さん
脚本・演出家
石黒秀和さん
看護師
伊藤里恵さん
ブルーベリーのこみち
伊藤匡哉さん
保育士
礒部陽子さん
「anam」オーナー
稲熊なつみさん
シンガーソングライター
今野邦彦さん
「○七商店」料理長
伊豫田修之祥さん
藤岡緑ヶ丘区長
小田朋江さん
㈱eight代表取締役
鬼木利恵さん


か行
スポーツ推協会長
加藤恵美子さん
農業生産法人従業員
金川智子さん
小原和紙工芸作家
故・加納俊治さん
㈲ケンズ社長
久米田研志郎さん
足助の元芸者
後藤久子さん
さ行
ガールスカウトリーダー
守随純子さん
松平郷の景観整備おいでん立ち上げ
鈴木辰吉さん
山羊プロジェクト会長
鈴木光明さん
た行
三州しし森社中
竹尾博史さん
古橋懐古館学芸担当員
張艶さん
炭焼き職人
筒井敏夫さん
豊田市民合唱団相談役
都築和子さん
文化講座「映画塾」講師
都築義高さん
えんじょい♪代表
鳥居忠雄さん
な行
合同大学祭副委員長
中野 圭さん
松平地区営農協議会長
中根 大さん
お笑い劇団笑劇派
南平晃良さん
㈱こいけやクリエイト
西村 新さん
洞牧寺住職
根本国弘さん
四郷警固祭り広報担当
野依真人さん
は行
NPO豊田LFC理事長
橋本史朗さん
矢作川研究所長
早川 匡さん
猟師めざす高校生
原田誉也さん
豊田市旭支所職員
弘中陽介さん
みよし市新中央図書館長
深谷幸広さん
古橋家9代目当主
古橋源六郎さん
ま行
人材育成融和塾長
松井直人さん
マラソン大会出場30回
光岡保夫さん
「孫の手」づくり15年以上
水野俊美さん
豊田市美術館新館長
村田眞宏さん
民芸の森倶楽部
森由紀夫さん
ら行

や行
矢作川研究所
山本敏哉さん


掲載順
「孫の手」づくり15年以上
水野俊美さん
脚本・演出家
石黒秀和さん
文化講座「映画塾」講師
都築義高さん
ブルーベリーのこみち
伊藤匡哉さん
㈱eight代表取締役
鬼木利恵さん
豊田市旭支所職員
弘中陽介さん
ガールスカウトリーダー
守随純子さん
みよし市新中央図書館長
深谷幸広さん
足助の元芸者
後藤久子さん
えきまえ活性化プロジェクト代表
芹川友紀さん
豊田市民合唱団相談役
都築和子さん
「○七商店」料理長
伊豫田修之祥さん
三州しし森社中
竹尾博史さん
シンガーソングライター
今野邦彦さん
山羊プロジェクト会長
鈴木光明さん
古橋家9代目当主
古橋源六郎さん
古橋懐古館学芸担当員
張艶さん
小原和紙工芸作家
故・加納俊治さん
豊田市美術館新館長
村田眞宏さん
民芸の森倶楽部
森由紀夫さん
㈲ケンズ社長
久米田研志郎さん
洞牧寺住職
根本国弘さん
スポーツ推協会長
加藤恵美子さん
「anam」オーナー
稲熊なつみさん
看護師
礒部陽子さん
藤岡緑ヶ丘区長
小田朋江さん
猟師めざす高校生
原田誉也さん
マラソン大会出場30回
光岡保夫さん
NPO豊田LFC理事長
橋本史朗さん
保育士
伊藤里恵さん
えんじょい♪代表
鳥居忠雄さん
矢作川研究所
山本敏哉さん
矢作川研究所長
早川 匡さん
㈱こいけやクリエイト
西村 新さん
合同大学祭副委員長
中野 圭さん
人材育成融和塾長
松井直人さん
農業生産法人従業員
金川智子さん
炭焼き職人
筒井敏夫さん
お笑い劇団笑劇派
南平晃良さん
松平地区営農協議会長
中根 大さん
四郷警固祭り広報担当
野依真人さん
紙漆工芸作家
安藤和久さん
松平郷の景観整備おいでん立ち上げ
鈴木辰吉さん

矢作新報掲示板

放談会のコピー.jpg
記事に対するご意見をお待ちしています。コチラへ