カウンター

豊田・みよしのニュースなら 毎週金曜日発行。月極め¥1300{税別・送料込み)申込はLinkIcon 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 掲載記事 > ニュース

新着ニュース

豊田市旭地区 敷島自治区に総務大臣賞 2020.09.25

1面・トップ写真.JPG 豊田市旭地区の敷島自治区(414世帯・986人)が総務省の「過疎地域自立活性化優良事例表彰」で総務大臣賞を受賞することに決まった。自立と風格ある先進モデルとして全国5カ所が選ばれた中の一つだ。表彰式は11月に行われる。

 敷島自治区は2010年に将来ビジョン「しきしま・ときめきプラン」を策定し、5年ごとの見直しも行っている。自治区が将来ビジョンを掲げたことも異例だが、着実な実践にはさらに驚かされる。プランの柱は「都市からの移住者受け入れ」。カギとなる〝空き家〟を貸し出してくれるよう家主との交渉に力を入れてきた。この10年間に増えたIターン・Uターン移住ファミリーは40世帯98人にもなる。目標の2倍だ。

 この10年間の取り組みについて、区長の後藤哲義さん、空き家交渉のスペシャリスト安藤征夫さん、プランづくりを担った鈴木辰吉さんの3名に話を聞いた。インタビュー記事へ

矢作川東西チーム対抗6時間耐久ソフトボール  2020.09.25

4面・6時間ソフトボール写真.jpeg  矢作川をはさんだ東西の2チームでソフトボールの試合を6時間も続けるユニークな催しが、11月3日に豊田都心の白浜公園で行われる。時間は10時〜16時。両チームとも30人の予定で参加者を募集中だ。東西どちらのチームになるかは応募者の住所で決まる。

 この催しは市民団体「とよたAIDA」が、とよたつながる博のプログラムとして主催するものだ。企画したきっかけは豊田市で開催予定だった中学生ソフトボールの全国大会がコロナ渦で中止になったこと。「一生懸命に練習してきた選手たちの思いをぶつける場をつくりたい」 「後で振り返って笑い合える思い出をつくろう」とAIDAメンバーで話し合い、下呂市で開催されている24時間ソフトボール大会にもヒントを得た。

 参加は中学生以上のソフトボール・野球経験者なら誰でもできる。ルールは基本通りだが回は時間内で無制限。守備は両チームのキャプテンが采配する。30人のチームをどうまとめるかも見どころだろうだ。おいでん踊り連による応援合戦や、同時開催でマルシェやキッチンカーの出店もあり、家族で一日楽しめるイベントになりそうだ。

 実行委員長の村松ひと美さん(45・岩滝町)は、小学4年生でソフトボールを始め全国大会にも出場した人。世代を超えて多くの人に親しまれ、全力で戦うからこそ相手チームとも仲良くなれるソフトボールが大好きだという。

 村松さんは「年齢や男女を問わずいろいろな人が思い切りプレーして、豊田をひとつにできると嬉しいですね」と話してくれた。

 申込み・問合せはとよたつながる博の公式ホームページへ。10月3日締め切りで先着順だ。雨天時は中止となる。

豊田市エコットの食品ロス削減サイト「たべりん」  2020.09.25

4面・エコット写真.JPG 10月の「食品ロス削減月間」に合わせて豊田市も様々な事業を始める。その一つとして環境学習施設エコットでは、市内の食品ロスを削減するためのポータルサイト「たべりん」をFacebookで立ち上げた。10月1日からサービス開始だ。

 このサイトは食品を販売するお店と消費者をつないで食品ロスを減らそうというもの。例えば、登録店がその日の食品ロスになりそうな商品情報をサイトにアップ。消費者はそれを見て買い物に行くことで食品ロス削減に協力する。そんな仕組みだ。お店にとっては新たなお客の獲得につながるメリットもあり、消費者も知らないお店の情報やお買い得な情報を入手できる嬉しいサービスだろう。

 食品ロスはコロナ禍で注目されているが、天候などにも左右されるものだ。エコット職員の杉山佐由紀さん(43)はこれを上手く消費者へつなごうと、既存の食品ロス削減サイトも参考に豊田市独自の「たべりん」を考えた。食品ロスに興味がない人に知ってもらいたい想いも込めている。

 店舗登録は当面、個人飲食店やパン和洋菓子、弁当などのテイクアウト店を対象に随時受付けていく。Facebookの本サイトに「いいね」すると事務局からメッセージが届き、商品情報を掲載できるようになる。今回は試行でサービス期間は来年1月末日まで。効果を検証して今後につなげる考えだ。

 エコットでは他にも食品ロス削減レシピ募集や、余った食品を福祉団体等へ寄付する「フードドライブ」など様々な食品ロス削減推進に取り組む。問合せはエコット(☎26・8058)へ。

イベント情報 


*第40回記念「豊田書道連盟展」 豊田市役所南庁舎1階の市民相談課で10月5日9時〜16時。交通事故や借金、土地・建物明け渡しなどの民事トラブルについて裁判所の民事調停委員が相談に応じる。調停制度の手続きや利用方法についての説明もある。無料・秘密厳守。予約不要で先着順。問合せは豊田市市民相談課☎34・6626

*無料調停相談会 豊田市役所南庁舎1階の市民相談課で10月5日9時〜16時。交通事故や借金、土地・建物明け渡しなどの民事トラブルについて裁判所の民事調停委員が相談に応じる。調停制度の手続きや利用方法についての説明もある。無料・秘密厳守。予約不要で先着順。問合せは豊田市市民相談課☎34・6626

*第2回ボラ連交流サロン「若者の居場所づくり」 豊田市錦町の市福祉センター3階会議室で10月24日10時〜12時。講師は豊田市竹生町で古民家をゲストハウスや喫茶スペースなどにリノベーションしたkaboオーナーの犬飼詩織さん。参加費100円(茶菓子代)。定員40人。問合せは豊田市ボランティア連絡協議会☎31・1294

*JAあいち豊田「第3回農業川柳」の募集
食や農をテーマにした川柳を募集。募集締切り11月10日。対象は豊田・みよし市在住・在勤の人。入賞者には地元農産物を贈呈。応募方法は専用ページ(http://www.ja-aichitoyota.or.jp/senryu)またはハガキで。問合せ☎31・2361

*深掘り天文講座 豊田産業文化センター内とよた科学体験館で10月1・2日。両日とも10時〜12時。講師は天文カメラマンの谷川正夫さん。天体望遠鏡の使い方や星の撮影方法を学ぶ。参加費は2日間で600円。対象は2日間通して受講できる人。問合せ☎37・3007

*第48回全三河書道「百選展」
豊橋市美術博物館で9月22〜27日、岡崎市美術館で9月29日〜10月4日。問合せは平野筆墨堂岡崎店☎0564・24・2786

*甲斐初男「アンティーク雑貨展」 豊田市日南町3の39のあんず茶屋で10月2日まで。日・月曜休。問合せ☎33・0964

*第9回おばら杉田久女俳句大会 一人2句、未発表作品に限る。部門は一般・高校生・小中学生の3部門。参加費無料。規定の用紙を小原観光協会ホームページからダウンロードして応募する。送り先は〒470-0531豊田市小原町上平441の1の小原観光協会「おばら杉田久女俳句大会」係宛。締切りは9月30日。入賞発表は12月で、表彰式は中止。問合せは小原ガイドボランティア代表の山内さん☎65・3099

*すぐ役立つ実践的「傾聴講座」 豊田市福祉センター3階会議室で11月5・12・19日の3日間開催。時間はいずれも10時〜正午。傾聴のスキル習得を目指す。対象は豊田市在住・在勤の人。定員30人。参加費は全日程通して500円。申込みは本日4日9時から。問合せは豊田市ボランティア連絡協議会☎31・1294

*ドキュメンタリー映画「時の絲ぐるま」上映会 豊田産業文化センター小ホールで10月11日14時から。豊田市稲武地区は養蚕業が盛んで毎年伊勢神宮に生糸を献納している。上映前には稲武の養蚕業に多大な貢献をした古橋家の末裔・古橋真人さんが挨拶する。申込みは9月5日10時から電話予約。入場無料。問合せ☎33・1531


*オンラインによる乳がん講演会「乳がん最新治療」 10月25日14時半〜16時。参加費500円。申込みは9月5日10時からメール(peermikawa@hotmail.co.jp)。問合せはがんのピアサポート楽みかわ☎090・9225・4141

*藤井達吉と芸術Ⅱ 豊田市小原地区永太郎町の市和紙のふるさとで10月25日まで。小原和紙を美術工芸として高めた工芸家・藤井達吉(碧南市出身)の水墨画、茶碗、継色紙などが並ぶ。月曜休館。開館時間は9時〜16時半。問合せ☎65・2151

*世界の手仕事・館蔵コレクションより 豊田市平戸橋町の市民芸館で10月11日まで。アジア、アフリカ、南アメリカの染織品を中心に手仕事作品を紹介。インドネシアスマトラ島の肩掛布やエクアドルサラサカ族のタペストリーなどがある。観覧無料。月曜休。問合せ☎45・4039

*体育とスポーツの図書館「えほんがあるよ」 田市足助町城山49の2のNPO法人体育とスポーツの図書館で毎週金・土・日曜の10時〜17時に開催中。スポーツに関する絵本150冊が並ぶ。絵本の貸し出しは行っていない。月曜〜木曜は原則閉館だが相談可。問合せは同図書館☎62・3500。または法人事務局の成瀬さん☎090・4231・0557

*民芸館企画展「Folk Crafts-世界の手仕事 館蔵コレクションより-」 豊田市平戸橋町の市民芸館で6月2日〜10月11日。アジア、アフリカ、南アメリカの染織品を中心に、木工品や焼き物、人形など約220点を展示。観覧無料。月曜休館。問合せ☎45・4039












































































































































































































































































↓今週のラインナップはコチラ












矢作川対談