カウンター

豊田・みよしのニュースなら 毎週金曜日発行。月極め¥1200{税別・送料込み)申込はLinkIcon 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 掲載記事 > ニュース

新着ニュース

境内ぎっしり 豊田四郷棒の手   2018.10.19

1面・四郷棒の手・写真.JPG
  棒の手が盛んな豊田市内でも、とりわけ活気のある四郷八柱神社の「棒の手警固祭り」が13・14日、今年も盛大に開催された。

 四郷棒の手警固祭りには、井上・下古屋、天道・高町・上原の5地区から300名を超える演技者が集結する。広いとは言えない境内に、観客を合わせて2千人近い人が集まる祭りだ。来賓席も大村県知事、太田市長、古本・八木両代議士をはじめ県議、市議と顔ぶれが賑やかだ。

 四郷の棒の手が凄いのは30代、40代の中堅が、棒の手の現状と将来を見据え、考えて行動している点だろう。暫くはこの盛期が続きそうだ。
ご購読はコチラ.pdf

笑顔でイキイキ 世界一やさしいレストラン    2018.10.19

2面・やさしいレストラン.JPG   豊田市内の介護施設に勤める職員らでつくる市民グループが14・15日の2日間限定で、認知症の人が接客を行う「世界一やさしいレストラン」を開いた。場所は元城町のレストラン・ホガラカだ。


 これは昨年東京で開催された期間限定の「注文をまちがえる料理店」からヒントを得て開いたもの。認知症の人が一社会人として活躍することで、自信や希望をもってもらおうと企画したものだ。また認知症の人と普段関わりのない人が、認知症について知るきっかけにしてもらう狙いもある。同事業はクラウドファンディングにも挑戦しており、共感者から目標額の50万円を上回る74万円以上が寄せられた。

 ホガラカでの2日間限定レストランは両日共満席。計96人のお客が訪れ、認知症の人計13人が接客にあたった。テーブルへ案内したり、料理を運んだりするほか、「お水はいかがですか」と笑顔で各テーブルを周る人もいた。

 92歳の女性は、担当するテーブルを間違えないようテーブルの番号札を握りしめていたが、「お元気ですね」「健康の秘訣は?」と話しかけられ顔が和らいでいった。

 同プロジェクト代表の村瀬麻衣さん(39・梅坪町)は「今日のイベントで、人が自分らしく生きる喜びを感じていただけたら幸いです」と話していた。
ご購読はコチラ.pdf

キッズデザインで奨励賞 豊田市男性保育師連盟    2018.10.19

2面・キッズデザイン・写真.jpg
  豊田市男性保育師連盟の看板イベント「子育て戦隊パパレンジャー」が第12回キッズデザイン賞で協議会会長賞(奨励賞)を受賞し、先月25日東京の六本木ヒルズで表彰された。主催はNPO法人キッズデザイン協議会だ。

 キッズデザイン賞は、子どもの豊かな成長や安全な暮らしための優秀な製品・空間・サービスを顕彰する制度。今回のパパレンジャーの受賞は、父親への子育て支援という〝活動〟の受賞である点が注目されている。今後キッズデザインマークを使用できるため活動の信用度はさらに高まる。

 豊田市男性保育師連盟は平成18年、「父親が子育てを楽しめば、家族が笑顔になる」をスローガンに父親への子育て支援活動をスタート。現在、市内外の保育士や講座を受けた父親、活動を応援するエキスパートら15名で活動している。講座はいつも定員いっぱいだ。

 「子育て戦隊パパレンジャー」は平成22年にスタートした年5回の連続講座。父親同士はなかなか心を開きにくいものだが、男性保育士と父親の講座という安心感もあって、定員60組はすぐいっぱいになる人気ぶりだ。ご購読はコチラ.pdf

イベント情報

 *夫婦二人の水彩画豊田市朝日町の長谷川裕隆さん・明美さんの作品を展示。豊田市日南町3の39のあんず茶屋で30日〜11月30日まで。日・月曜休。問合せ☎33・0964

 *第4回日本画六人展〜すずなり〜 豊田市駅前コモ・スクエア1階の豊田画廊で30日まで。豊田市在住の画家・手塚華さんと加藤清香さんを含めた6人の絵画が並ぶ。問合せ☎37・8567

 *語人サヤ佳「語りの会」 豊田産業文化センター小ホールで11月25日13時半開演。演目は童話『ごんぎつね』ほか。新美南吉記念館学芸員が児童雑誌『赤い鳥』と新美南吉とのつながりなども話す。前売1千円。問合せは小林さん☎090・4466・6800

 *着物の着付け教室 豊田産業文化センター4階の市青少年センターで11月6日9時半〜12時。女性限定、先着30人。受講料無料。着物、帯、小物は持参。問合せはゆうび美容室☎090・3556・3718

 *喜楽亭紅葉茶会 豊田産業文化センター地内の喜楽亭で11月18日10時〜15時。前売350円。ステンド硝子の作品展も楽しめる。問合せ☎33・1531

 *第7回足助病院「病院祭」 豊田市岩神町の足助病院で27日10時〜15時。健康チェックや高齢者疑似体験、福祉用具の展示など。学生によるコンサートや飲食物の販売もある。問合せ☎62・1227

 *豊田国際体操競技大会チケットの市民先行販売 大会は12月8・9日、スカイホール豊田で開催。チケット販売はスカイホール豊田で明日20日午前9時〜26日午後8時まで。なくなり次第終了。入場料はアリーナ席4千円、S席4千円、A席3千1百円。全指定席。自由席の前売り2千1百円。世界選手権のメダリストなどが参加する。問合せは豊田市スポーツ課☎34・6632

 *特別展「棟方志功と柳宗悦」 豊田市平戸橋町の民芸館で6日〜12月16日。日本民藝館の創設者でもある柳宗悦と国際的に高い評価を受けている版画家の棟方志功。2人の関係性や思想など、書簡や棟方の作品を通して紹介する。観覧料3百円。月曜休館。問合せ☎45・4039

 *ハンドメイド工房 豊田市陣中町の伊藤恒子さんの作品を展示。豊田市日南町3の39のあんず茶屋で10月3〜26日。日・月曜休。問合せ☎33・0964

 **自然体験&ステキな出会い「山コンinいなぶ」 豊田市稲武地区の富永町集会所とどんぐり工房などで10月27日10時〜16時。集合・受付は集会所で9時半から。自己紹介→芋掘り・うどんづくり体験→昼食→ゲームなど。対象は20〜40歳代の独身女性。定員20名。参加費2千円(土産付)。希望者は名鉄豊田市駅まで送迎有り(要申込み)。申込み・問合せは稲武交流館☎83・1007。メールph-inabu@city.toyota.aichi.jp












































































































































































































































































↓今週のラインナップはコチラ












矢作川対談