カウンター

豊田・みよしのニュースなら 毎週金曜日発行。月極め¥1200{税別・送料込み)申込はLinkIcon 印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > 掲載記事 > ニュース

新着ニュース

富士登山駅伝10連覇! トヨタスポーツマンクラブ   2016.08.11

1面トップ写真・左右カット.JPG 猿投山を拠点にトレーニングしているランニング同好会「トヨタスポーツマンクラブ」が6日、御殿場市で開催された「秩父宮記念・第42回富士登山駅伝競走大会」で優勝し、みごと10連覇を達成した。兄弟チームの「トヨタ猿投山走友会」も4位に入った。

 富士登山駅伝は《御殿場駅前〜富士山頂折り返し〜同市陸上競技場》の難コース(距離48㎞・標高差3258m)を6人でつなぐ山岳駅伝。世界で最も標高差の大きな駅伝として有名だ。山頂の折り返し前後を担当するランナーは、高山病予防のため前日の山小屋宿泊が義務づけられているほど過酷な環境だ。日本一の富士山で体力の限界に挑めることから人気が高く、今年も全国から131チーム(一般の部94、自衛隊の部37)・総勢3000名以上のランナーたちが集まった。

 トヨタスポーツマンクラブは1976年に発足した同好会。部員は現在約100名で、その9割ほどはトヨタ自動車の社員だ。年齢層は18歳〜79歳と幅広い。かつては名岐駅伝や渥美半島駅伝にもチーム出場していたが、交通事情などで両駅伝が無くなったためもっと読む.pdf

演劇で豊田をもり上げるぞ! 劇団メンバー×Star☆T  2017.08.11

2面・劇団スカブラボー.JPG 豊田市と東京都に住む劇団員らが一緒になり10月7・8日の2日間、豊田産業文化センター小ホールで演劇「さなげ山荘事始め」を公演する。開演時間は7日㈯が18時半、8日㈰は14時だ。

 物語の設定は2020年の東京オリンピックが終わった20年後の東海地方。オリンピックをきっかけに、東海三県の有志住民(維新軍)が日本から独立を企てさなげ山荘に立てこもる。そこにさまざまな人が訪れて…。維新軍は独立を果たせるか否か。笑いあり、涙ありの物語だという。

 舞台監督を務めるのは豊田と東京に活動拠点をもつ劇団「スカブラボー」の児嶋界人さん(27・豊田市加納町)。豊田市内で2010年〜15年に開催された短編演劇バトル「T-1」で二連覇を成し遂げた「スカブラボー」のメンバーだ。今回の公演では同劇団員を中心に、豊田のご当地アイドルStar☆Tのメンバー3人と、豊田市内にある劇団のメンバー14人も…もっと読む.pdf


店舗周辺に72種2600本植樹 イオンスタイル豊田  2017.08.04

1面イオンスタイル豊田・写真.jpg イオンスタイル豊田は6日、豊田市内に自生する72種・2600本の樹木を店舗周辺に植える植樹祭を開催した。30年後に豊かな森となることを目指して、親子連れを中心に市民3百人と関係者百名の合計4百名が参加した。

 イオングループでは環境・社会貢献の一環として、1991年のマレーシアのジャスコマラッカ店での植樹を皮切りに、「イオンふるさとの森づくり」と称して各店舗での植樹活動を開始。宮脇昭横浜国立大学名誉教授の指導の下で、日本を始めとするアジア各国を中心に、千百万本を超える木を植樹してきた。

 今回の植樹祭で植えられた苗木は、豊田市内に自生するコナラ、アラカシ、タブノキなどの高中木43種と、ヤマツツジ、クチナシなどの低木29種。色々な樹種を混ぜて密植し、成長途中での自然淘汰に任せる手法で植樹した。真冬の寒さを防ぐため植樹後藁を敷き詰めるなどの細かい配慮もなされた。

 同店の敷地内には、今回の2千6百本を含めて合計でもっと読む.pdf

豊田の森の魅力PR 松坂屋名古屋店に初出展    2017.08.11

新ブランド設立等で豊田市産材の利用拡大に取組む「人と木をつなげるプロジェクト」=松島周平代表=が2〜7日、豊田の森の魅力を伝える為、松坂屋名古屋店でイベントを開催した。

人と木松坂屋イベント.jpg イベントのテーマは「Go! FOREST!!〜森へ行こう〜」で、人と木をつなげるプロジェクトと松坂屋名古屋店のコラボレーションは今回が初めてだった。

 会場では、豊田市産の木材を使用し、林野庁のベストウッド賞も受賞した「hitotoki」と、国産材を使用した「first‐hand」の2つの木材ブランドの商品を展示し、森の中にいる雰囲気を演出した。

 地元の人や自然愛好家から支持されている豊田市稲武町の森のカフェ「ヒトトキ」も出張出店。豊田産野菜の自家製ポタージュスープ「森のしずく」と名古屋円頓寺のパン屋「芒種」の自家製天然酵母パンの「森のしずくプレート」と、稲武の老舗菓子店「まつ月」が稲武産ハチミツで造る「冷やしレモンかすてら」と飲物の「森のおやつプレート」の2つの会場限定メニューやチーズケーキが人気を集めた。

 さらに南米の打楽器カホンやスツール、スプーン、モビールなどの製作体験やカンナ削り体験、森の中の雰囲気を演出した特設スペースでのポートレート撮影など10のワークショップも。

 家族全員が森の楽しさを感じられる企画として、子供連れに留まらず、女性同士で来店したもっと読む.pdf

役者やつけ打ちの体験会 豊田市小原の歌舞伎伝承館で  2017.08.11

歌舞伎体験.jpg 豊田市文化振興財団と小原歌舞伎保存会(永江正人会長)は5日、小原交流館で歌舞伎の役者・裏方体験会を開催。地域の愛好者8名が、小原歌舞伎保存会会員の指導の下で、実際に歌舞伎の役柄を体験した。

 今回の企画は、4月に小原交流館内に開設された、豊田市歌舞伎伝承館本来の役割に合った初イベントだ。

 体験会では役者体験のほか、ここ一番の見せ場で場を盛り上げるために柝(き)と呼ばれる拍子木を板に打つ、つけ打ちという役柄も体験した。

 役者体験では舞台での仕草や動きの「所作」に挑戦、主役が捕り手や軍兵を八の字を描くように袈裟斬りで斬りつける、「八をきる」という所作や、舞台への登場時・退場時に使われる「六方」という所作の指導を受けた。つけ打ち体験では、役者の所作に合わせて拍子木を打ち鳴らしたもっと読む.pdf

イベント情報

 第19回論古社選抜展 豊田市伊保町の安藤豐邨さんが主宰する論古社の書や刻字の展示。名古屋市中区栄の中区役所朝日生命共同ビル8階市民ギャラリーで22〜27日。問合せは安藤さん☎45・6404

 民芸館ギャラリー そば猪口や絞り染めなど約100点を展示。豊田市平戸橋町の市民芸館で19日まで。月曜休み。問合せ☎45・4039

 第12回奧矢作温泉郷花火大会inあさひ 豊田市旭地区小渡町のあいち豊田農協旭支店前の矢作川河川敷で15日20時15分から。約1000発があがる。小渡天王祭も19時半から開催。当日はおいでんバス(旭・豊田線)の臨時便(豊田市駅発18時5分発)もある。17時以降豊田市駅発のおいでんバス利用者は特別観覧席へ招待。問合せは旭観光協会☎68・3653

 第38回豊田沖縄ふれあいエイサーまつり 豊田スタジアム東イベント広場で20日12時〜19時。エイサーの演舞や、沖縄の名産物が楽しめる。雨天決行。問合せは同祭実行委員会の小林さん☎090・1747・9666


もっと読む.pdf


















































































































































































































































↓今週のラインナップはコチラ












矢作川対談